言語

DLC coatings on camshafts and other valve train parts
Reducing friction and wear in motorsports
BALINIT CAVIDUR-coated for piston ring
BALINIT CAVIDUR-coated for tappet
BALINIT CAVIDUR-coated for valve

ダイヤモンドライクカーボン (DLC) コーティングを施した部品は、NASCAR、Formula 1、WRC、DTM などのレースで、摩擦の低減、耐摩耗性の向上、部品寿命の延長を実現、確立しています。BALINIT® CAVIDUR は、バルブトレイン部品の理想的な DLC コーティングです。モーターバイクやモトクロスの部品は、20 年以上もこのコーティング技術で最適化されています。BALINIT® CAVIDUR などの DLC コーティングは、高性能エンジン開発の一端に過ぎません。しかしこのコーティング技術がなければ、今日の高荷重や高性能は想像もできなかったでしょう。

  • 性能と信頼性の向上
  • 摩擦と摩耗の著しい低減
  • 部品寿命の延長
BALINIT CAVIDUR
コーティング材 TiN + a-C:H
コーティング技術 PACVD
コーティング色 ブラック
コーティング硬さHIT [GPa]* ~25-35
低摩擦係数 (ドライ) 対 スチール** 0.1 - 0.2
最高使用温度 [°C]**** 350
Typical coating thickness [µm] 250 - 350
概評 記載されているデータは、概算値です。アプリケーション、環境、試験条件によって異なります。
*コーティング硬さHIT [GPa] ISO 14577 に従いナノインデントで計測多層の場合は、各層の硬度が異なります。
**低摩擦係数 (ドライ) 対 スチール ASTM G99 に従い、鋼球を使用したドライ条件のボールオンディスク試験で判断されます。ならし運転時は、所定の値を超えることがあります。
****最高使用温度 [°C] これらは、フィールド範囲外の概算値です。熱力学的法則により、アプリケーションによって圧力に差があります。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up