\uf1ad

エリコンバルザースのコーティングの品質保証を支える測定技術

エリコンバルザースのコーティングの品質保証を支える測定技術

標準化された試験手順により、コーティング品質に関する全ての表明内容について、信頼性と比較可能性を常に確保しています。

品質保証試験方法

方法特性拘束内容精度破壊性
球体摩耗コーティング厚さ形状、粗さ0.3 ~ 0.5 μm

コーティング

母材

XRF コーティング厚さ 形状、組成 (成分) 0.3 ~ 0.5 μm
ロックウェル硬さ (HRC) 母材の硬度 母材の硬度、形状 ± 1 HRC
ロックウェル試験 コーティングの密着性 母材硬度、形状 ± 0.5 HF クラス
色調測定 コーティングの色調 平面 ± 1 CIELAB ユニット
スタイラス面プロフィロメータ 表面粗さ 形状 *

*試験条件の機能

球面摩耗試験に基づく膜厚の決定

この測定技術では鋼球でコーティング基材を摩耗させて球体圧痕の大きさを測定し、その値に基づいて膜厚を算出します。

1ロックウェル ダイヤモンド圧子
2コーティング
3母材
4 HRC 圧痕を伴うコーティング (上面図)

膜厚さは球面摩耗測定試験に基づいて決定します。

ロックウェル方式による密着性試験

通常のロックウェル硬さ試験 (DIN50103) の実施後、光学顕微鏡を使用し、塗布切れ部分の分析と圧痕の端部付近の剥離の分析を行います。その後、コーティングの密着性を 6 つの密着性クラスの中の 1 つに分類します。

1ロックウェル圧子
2コーティング
3母材
4 球体圧痕を伴うコーティング (上面図)

ロックウェル圧痕を使用したコーティング密着性試験

 

お問い合わせ