言語

産業用ガスタービン(IGT)の第1 段ブレードは、機械的応力、クリープ、高温腐食、高温など様々な過酷な環境に晒されています。例えば、ガスの温度は1600~1700 °C (2912~3092°F)に達する可能性があります。こうした高温に加えて、IGTコーティングには長時間の運転に耐える優れた熱サイクル寿命が求められます。したがって、その表面コーティングの設計は、システム全体のエネルギー効率を高める上で非常に重要です。

高温部ブレードの部品の長寿命化

タービンブレードは、IGTの中で最も要求が厳しい応用です。IGTエンジンの温度が上昇するにつれて、相安定性、耐焼結性、ボンドコートの酸化、CMAS(アルミノケイ酸カルシウムマグネシウム)耐性など、新たなコーティングの課題が生じます。

エリコンメテコの溶射ソリューションには、新しい製造工程を使用して材料を製造する能力や、他の追随を許さない高度な溶射ガン技術と幅広い溶射プロセスを使用して、これらの困難な要件に対応する能力があります。ワンストップショップとして、お客様の設計エンジニアリングチームやコーティングの専門家と協力して性能を向上させると同時に、プロセス自体をより強固で費用対効果の高いものにするコーティングを創出します。

お客様との緊密な連携の下に、お客様の特定の用途に合わせた独自のコーティングソリューションを保証します。これには、理想的な材料の粒径の特定、溶射パラメータの開発、お客様のニーズに最適な溶射ガン技術の決定が含まれます。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up