言語

産業用ガスタービン(IGT)のトランジションピースは、燃焼器からの高温ガスを最前列の静翼に導きます。高温にさらされるこれらの重要な部品の性能を向上させるために、エリコンメテコは、高温に耐えるだけでなく、熱伝導率の低下、相安定性の向上、均一なコーティングミクロ構造を可能にする効率的なコーティングシステムを提供しています。

処理時間を短縮するための従来の開発

トランジションピースは、一般的に大気プラズマ溶射またはHVOF(高速フレーム溶射)プロセスによってコーティングされるMCrAlYボンドコートを使用することで、より優れた性能を発揮します。セラミックトップコートは、大気プラズマ溶射プロセスでコーティングされます。

エリコンメテコはワンストップショップとして、トランジションピースのコーティング性能と処理コストを最適化するためのお手伝いをさせていただきます。当社の専門家が、理想的な材料の粒径、詳細な溶射パラメータを特定し、お客様のニーズに最適な溶射ガン技術を決定するため、特定の用途に合わせたコーティングソリューションが保証されます。

このように、当社の遮熱コーティングとOEM指定の材料により、以下のことが可能になります。

  • 処理時間が短縮され、人件費と用役費が削減されます
  • 部品の処理時間が短縮され、溶射セルの生産スループットが向上します
  • コーティングの再現性が向上するため、再加工の可能性が減ります
  • パーツ間の再現性の向上により、信頼性が向上します

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up