言語

高い耐摩耗性と耐食性を備えた極めて緻密なコーティングの形成には、自溶性合金の溶射と、その後のフュージング処理で得られます。溶射後のフュージング処理ができない場合に、自己融着合金は自溶合金の多くの利点を提供します。

自溶性と自己融着合金
自溶性材料

自溶性材料とは、次のような溶射プロセスで最初に形成されます。

  • 粉末フレーム溶射 Thermospray™
  • 大気プラズマ溶射
  • 高速フレーム溶射 (HVOF)

コーティングは「溶射したまま」の状態で使用可能ですが、コーティングを融着させるため溶射後のフュージング処理をお勧めします。これによって緻密かつ最適な表面特性を備えることができます。

フュージングしたコーティングの特徴と利点
  • 緻密な皮膜組織
  • 高硬度皮膜
  • 優れた耐摩耗性と耐食性
  • 皮膜を冶金的に基材に密着させます
  • 皮膜を正確な寸法に研磨でき、良好な仕上がりを提供
自己融着材料

溶射後のフュージング処理が部材に歪みを生じさせる可おそれがある、あるいは基材がフュージングの熱に耐えられない可能性があるときは、代替品として、自己融着材が適しています。これらの材料は、溶射後のフュージング処理を必要とせず、溶射プロセス中に部分的に融着します。

自己融着材料の特徴と利点
  • 扱いやすい、ワンステップのコーティングプロセス
  • 非常に低い気孔率
  • 非常に優れた皮膜硬度
  • 優れた耐摩耗性と耐食性
  • 基材との高い密着性
  • 皮膜を正確な寸法に研磨でき、良好な仕上がりを提供
お客様のニーズに合わせた柔軟性

多くの場合、シンプルな粉末フレーム溶射 Thermospray™ システムを使用して容易にコーティングが可能です。フュージング処理は、必要に応じて、大抵はシンプルな酸素アセチレントーチを使い手作業で実施されます。

量産時には、完全自動システムをによるコーティング施工が可能です。フュージングは、炉内でバッチ処理をするか、高周波 (RF) 誘導加熱コイルを用いて処理することができます。適切な処理が行われれば、部分的な歪みは無視できるほど軽微です。

当社ではさまざまな要求を満たす、多様な自溶性合金および自己融着合金を用意しています。耐摩耗性のきわめて高いものを要する場合は、硬質カーバイド相を有する製品を提供します。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up