言語

軍事用途の場合、アフターバーナーは、タービンの後で追加の燃料を燃焼させることにより、超音速航空機が要求に応じて推力を急速に増加させるのに役立ちます。これは、戦闘モードに重要な要素です。 Oerlikon Metcoの遮熱コーティング(TBC)は、アフターバーナーコンポーネントの耐用年数とミッションレディネスを保証します。

必要なときにいつでも対応

当社のレガシーで高度な遮熱コーティングは、完全に適合する大気プラズマガンテクノロジーによって補完され、断熱要件に対処するだけでなく、ガスエロージョンおよび CMAS 腐食に対するソリューションも提供するように設計および開発されています。

ケーススタディ:F100 オーグメンターの溶射

F100アフターバーナーは、約6.3 m2(68 ft2)の内部表面積(エンジンモデルによって異なります)を持つ大きなコンポーネントです。MCrAlY ボンドコート (Amdry™ 962) は、0.075 〜 0.125 mm (0.003 〜 0.005 インチ) の厚さに溶射され、トップコート (Metco™ 204NS) は、0.2 〜 0.3 mm (0.008 〜 0.010 インチ) の厚さに溶射されます。TBC コーティングの場合、コーティング全体の厚さは比較的薄いですが、部品のサイズが大きく幾何学的に複雑であるため、溶射プロセス時間は非常に長くなります。従来のプラズマ溶射を使用すると、TBC システムを溶射するのに 4.5 時間かかり、溶射15 時間後に溶射ガンをメンテナンスする必要があるため、オーグメンター3個ごとに作業が停止します。

カスケードアークプラズマ溶射トーチは、TBCシステムのアプリケーションコストを削減するための実証済みの技術になりました。たとえば、エリコンメテコ TriplexPro™-210 溶射ガンは、より高い供給速度とコーティングの部品間信頼性の大幅な向上により、従来のプラズマ溶射ガンよりも 300% も効率よくコーティングすることができます。F100 オーグメンターの場合、TBC システム全体はわずか 1.5 時間で塗布されます。プラズマトーチのオーバーホールは、150 〜 200 溶射時間ごとに行うだけで済みます。

主要な利点:
  • 処理時間が短縮され、人件費とユーティリティコストが削減されます。
  • 部品のターン時間が短縮され、溶射セルの生産スループットが向上します。
  • コーティングの一貫性が向上すると、再加工の可能性が減ります。
  • パーツ間の一貫性の向上により、ミッション信頼度が向上します。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up