言語

電気自動車の熱管理は非常に重要です。パッセンジャーへの高速かつ効率的な暖房制御から、低温時の電子部品への予熱まで、用途は多岐にわたります。

e-モビリティ 電気自動車の熱管理

熱管理と性能の向上

当社の高度な多層コーティングにより、よりコンパクトで軽量な電気ヒーターの製造が可能になりました。その結果、パッケージの小型化、設置の迅速化、エネルギー消費量の削減が実現しています。

ハイブリッド車や電気自動車では、回生モードがブレーキ補助機能として活用出来るため、機械式ブレーキの使用頻度が従来の内燃機搭載モデルと比較し減少傾向にあります。そのため、従来の鋳鉄製ブレーキディスクが腐食を起こし易い環境下となり、制動力が低下する可能性があり、緊急時のリスクが高くなります。当社の新世代のブレーキディスク表面処理は、極めて優れた耐食性を有する、これらの課題に対応する理想的なソリューションです。長寿命化を実現し、ブレークディスク表面の光沢を保持します。

また、当社のブレーキディスクソリューションであるDiscCover™ Eco、DiscCover™ Jet、およびDiscCover™ Beamは、ブレーキディスクの設計自由度を広げ、軽量化をサポートしています。これにより、バネ下荷重の低減により、乗り心地性、ハンドリング性能の向上はもちろん、クルマの総重量を軽減し、CO2削減へも寄与します。

当社のEMIシールドソリューションは、機能と安全性に悪影響を及ぼす可能性のある電磁妨害から電子機器を保護します。例えば、樹脂製のベース材へ薄く軽量な導電性を有する保護層を形成することにより、電磁場を減衰さ精密部品を保護します。

ヒートシンクや他の電子部品の水冷却には、水路と帯電部との間に熱伝導性のある電気絶縁が必要です。当社の電気絶縁コーティングソリューションは、長期的な効果を保証します。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up