言語

石油・ガス業界では、バルブは、パイプライン、製油所、掘削現場など、地上と海底の両方のあらゆる規模の多種多様な用途に使用されています。それぞれが直面している条件は、それ相応に困難です。とはいえ、ダメージが致命的になる可能性があるため、確実に実行する必要があります。

最高性能のバルブソリューション

腐食性・摩耗性のある環境やHTHP環境に対応

ボールバルブとゲートバルブは、様々なガスや流体媒体の流れを制御するために設置されています。これらのほとんどは腐食性や摩耗性が高い性質があり、単純な塩水から、破砕に使用されたり、石油産業がラインを洗浄するために使用したりする非常に攻撃的な物質に及ぶ可能性があります。また多くの場合、海底のような高温高圧(HTHP)環境でも確実に動作する必要があります。

生産性の向上と粉末ロスの削減

生産性の向上と粉末ロスの削減

エリコンメテコの耐食性溶射コーティングは、ボールバルブやゲートバルブを良好な状態でできるだけ長く維持するのに役立ちます。当社のHVOF(高速フレーム溶射)材料とコーティングサービスは、特に石油・ガス市場向けに設計されています。市場に出回っている他の多くの材料とは異なり、コーティングは多孔質ではなく、非常に高密度であるため、腐食性の高い環境に最適なソリューションです。このようにして、時間のかかる修理サイクルを3分の1に減らし、そして何よりも、コーティングの除去と交換を非常に効率的に行うことができます。

例えば、エリコンメテコのUniCoat Pro™マスフロー制御システムプラットフォームと溶射ガンの技術を組み合わせることで、再現性のあるコーティング厚さを実現し、仕上げ時間の短縮と粉末消費量の削減を可能にしています。バルブ用途向けの粉末溶射は溶射ガンに合わせて調整されているため、粉末ロスを最小限に抑えられます。また、最適化された溶射パラメーターと高い付着率により、完璧なコーティング密度を実現します。さらに別の利点として、粉末と溶射ガンの理想的な組み合わせにより、保守の低減や中断の回数を減らし、全体的なコストを抑えることができます。

ケーススタディ:

ヨーロッパのボールバルブユーザーのテストでは、エリコンメテコのHVOF材料を溶射したボールバルブ(直径1000mm [39インチ])は、溶射していないボールバルブに比べて、耐用年数が5倍になることが証明されました。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up