言語

ドリルビットは、石油・ガス探査における主要なコンポーネントです。ドリルビットの製造と保護に使用される材料は、井戸を掘削する効率と信頼性に直接影響を与えます。そして、当社のリサイクルプログラムは、性能を損なうことなく、お客様と環境に大きなメリットをもたらします。

掘削環境に最適な選択

ドリルビットは、摩耗、エロージョン、衝撃、疲労などが複合された複雑な環境に耐える必要があります。そのため、掘削活動を計画する際に、ビットの長寿命化が最優先事項であり、高価で時間のかかるドリルストリングトリップに対する最良の防御でもあります。当社のマトリックス粉末、溶接、溶射表面硬化ソリューションは、究極の耐摩耗性を提供し、さまざまな性能目標に適合させることができます。

PDC*ドリルビット用の個別化されたマトリックス材料ソリューション

PDCドリルビットが遭遇する過酷な掘削条件に対処するために必要な材料と含侵プロセスに関しては、当社の材料エンジニアと科学者はその分野の専門家です。当社が開発している素材は、潜在的に壊滅的な障害の確率を下げる目的で設計されています。従来の材料と比較すると、障害の発生が最大10,000%減少しました。強度とプロセス内亀裂の防止に重点を置いた結果、マトリックスドリルビットの寿命が300%向上しました。

高充填密度のタングステンカーバイド材料は腐食や低応力アブレージョンからの究極の保護を提供します。例えば、Metco 51019Aは、表面硬化に必要なすべての摩耗保護を提供するように設計・開発された最高品質のタングステンカーバイドを使用しています。

*PDC = 多結晶ダイヤモンド焼結体

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up