言語

風力タービン部品は、次のような様々な環境条件に直面しています。洋上風力発電所では、塩水噴霧による腐食により、部品の寿命と構造的な完全性が低下しています。動力部では、高荷重や可変荷重がシャフトと軸受表面の寿命にとって課題となっています。構造物を保護し、予測可能なサービス寿命と保守間隔を提供することは、風力発電設備の運転と長寿命化に不可欠です。

風よりも強力

エリコンメテコの設備および材料の溶射ソリューションは、風力タービンの部品を保護し、生産性を向上させるための費用対効果の高い方法です。

  • 塩水環境にさらされる構造部品を保護するための、ワイヤーフレーム溶射またはアーク溶射をベースとした腐食防止コーティング
  • ベアリング用ワイヤーフレーム溶射技術をベースとした低摩擦コーティング
クリーンで将来性のあるエネルギー源のためのソリューション

風力発電は、最も環境に優しいエネルギー生産技術の一つです。このクリーンエネルギーの需要は着実に増加しているため、技術の限界も絶えず変化しています。風力タービンのサイズが大きくなると、それに伴って耐えなければならない力が極端に大きくなります。エリコンメテコは、信頼性を向上させ、サービス間隔を延長するためのソリューションを提供します。

当社の広範なプロセス、材料、応用に関する知識を活用して、標準的な材料とプロセスであれ、当社のコーティングソリューションセンターでの独自のソリューション開発であれ、あるいは共同研究開発であれ、お客様のニーズに合った最適なソリューションを見つけることができます。また、当社コーティングショップのメテココーティングサービスネットワークを通じて、パイロットあるいは生産時のコーティングサービスも提供しています。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up