言語

多くの新しい規制により、硬質クロムメッキ工場の数は世界中で減少していますが、これまでは、油圧シリンダーには硬質クロムメッキが施されてきました。エリコンメテコは、お客様の課題を解決します。

硬質クロムメッキに代わる費用対効果の高い代替材料

それは経済の原則であり、鉱山ビジネスにおけるOEMやMRO(Maintenance, Repair Operations)企業にとっての課題でもあります。世界的な需要の増加と供給の減少に伴い、硬質クロムメッキのコストが上昇しています。この業界では、以下のものから油圧シリンダーを合理的なコストで保護するために、新しい応用技術、プロセス、材料が必要とされています。

  • 腐食
  • 側面荷重
  • 衝撃荷重環境
  • 高振動
  • 高温と低温
  • 滑り摩耗

エリコンメテコは、油圧シリンダー用コーティングソリューションの専門家を擁するフルサービスの供給メーカーとして、この特殊用途のための費用対効果の高いソリューションとなる材料とプロセスに関して、独自のポートフォリオを開発しました。高速フレーム(HVOF)溶射やアーク(EAW)溶射などのプロセスでは、採掘での技術的課題に対応するために、開発と改良がさらに進められています。

当社では、コーティングが目標の性能を確実に達成できるように、先端技術の材料と最新の設備を提供しています。

主要なHVOF材料:

  • WOKA 7103 
  • WOKA 7203 

主要なPTAレーザー材料

  • Metco 42C
  • Metco 1220A
  • Metco 1720A

主要なEAW材料

  • Metco 8280
  • Metco 8293
  • Metco 8453

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up