\uf1ad

ガス燃料高速フレーム溶射 (HVOF)

ガス燃料高速フレーム溶射 (HVOF)

エリコンメテコのガス燃料HVOF溶射システムは、耐食・耐摩耗性に加え、高硬度を必要とする機械部材へのコーティングに最適です。 このプロセスは、細かく均一な微細構造を有する高硬度、厚膜、高密度の皮膜を形成します。

プロセスの説明

プロピレン、プロパン、水素、天然ガスを、高速フレーム(HVOF)溶射システムで燃料として使用できます。 HVOF プロセスで粒子に高い運動エネルギーが与えられるため、通常、溶射材料を完全に溶融する必要はありません。粉末粒子を溶融状態にする代わりに、高速にする ことにより、加工表面に溶射されたときに変形して平らになるようにします。 結果として、均一で、微細な組織を持つ、組成変化の少ない皮膜が得られます。

プロセスの基本

熱源

燃料(ガス)と酸素
材料 粉末(金属)
火炎温度 約 2,800°C
粒子速度

400 – 800 m/s

溶射能力

40 – 150 g/min

ガス燃料高速フレーム溶射 (HVOF)の概略図

主な特徴

  • 細かく均一な微細構造を有する高純度で高硬度、高密度の皮膜を形成します
  • 皮膜は基材に強固に密着します
  • 圧縮応力を持つため、非常に厚い皮膜が形成できます

代表的なアプリケーション

  • ランディングギアー
  • カレンダーロール
  • カプランブレード
お問い合わせ