言語

ガスタービン燃焼チャンバーでは、燃料は 2000 °C (3630 °F) 以上の温度で燃焼します。また、タービンメーカーは効率を向上させるためにタービン入口温度をさらに高くしようとしているため、この数値は常に上昇しています。エリコンメテコの専門家集団は、重要なタービン部品を保護する材料に関する知識だけでなく、それらをコーティングするために使用される溶射プロセスをサポートする高度な技術知識も持っています。

かつてないほど熱い!

ガスタービンの多くの部品は空冷を利用して温度耐性を向上させていますが、航空宇宙タービンの燃焼チャンバー内の金属部品は、最大 1300 °C (2370 °F) の温度に耐える必要があります。エリコンメテコの溶射 MCrAlY ボンドコートとイットリア安定化ジルコニア (YSZ) トップコートは、重要なタービン部品を過熱から保護し、他の方法では不可能な動作温度を可能にします。

材料の知識以上に

エンジンの動作温度は上昇し続けており、業界では、エンジン部品を保護するための新しい高度な遮熱コーティング (TBC) システムが求められています。エリコンメテコの材料科学者、エンジニア、アプリケーションスペシャリストのチームは、業界の技術的需要に対応できるよう、相手先ブランド供給業者 (OEM) と緊密に連携し、高度な TBC テクノロジーの研究開発を行っています。このような開発目標には、改良されたボンドコート組成、熱伝導率をさらに下げる高度な組成の TBC トップコート、CMAS* 耐性の遮熱トップコート、溶射プロセスと処理能力の総合的な進歩などがあります。

主な目的は、より低い適用コストでパフォーマンスを最大化することです。したがってエリコンメテコチームは、材料だけでなく、溶射プロセス、ガンの選択と溶射パラメーターの最適化の相互作用も含めて検討しています。この統合的なアプローチと材料の選択により、堅牢で信頼性の高いコーティングパフォーマンスが実現します。これは、複雑な多層設計要件を持つ新しい TBC システムにとって特に重要な要素です。

承認および認定

エリコンメテコの TBC システムは、より高い燃焼温度に対応し、燃料効率とエンジン効率の向上、パフォーマンスの向上、安全性の向上、ライフサイクルの延長を可能にします。

  • 処理時間の短縮により、人件費と光熱費が削減されます。
  • 部品のターン時間が短縮され、溶射セルの生産スループットが向上します。
  • コーティングの一貫性が向上すると、再加工のリスクが軽減されます。
  • パーツ間の一貫性の向上により、ミッション信頼度が向上します。

当社の遮熱材とボンドコートは、主要なエンジンメーカーに承認および認定されており、OEM だけでなく、MRO の認定アプリケーター (メンテナンス、修理、オーバーホール) も利用しています。

*CMAS = エンジンに取りこまれ、TBC 上で溶融して固化し、コーティングに問題を引き起こすカルシウムマグネシウムケイ酸アルミニウム (砂)。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up