言語

歴史的マイルストーン

1946 年創業以来今日まで: 弊社の歴史をご紹介します。

1946~2021年:アイデアからグローバルテクノロジーリーダーへ

エリコンバルザースは、75 年間薄膜コーティングで先駆的開発およびグローバルテクノロジーリーダーです。弊社は、持続可能性、革新的推進力、企業家精神および伝統のユニークな組み合わせによる表面処理ソリューションの情熱をもっています。このことが弊社のお客様および環境に、そして昨日から今日へ、さらに明日へと恩恵をもたらします。

エリコンバルザースの 75 年間を辿ってみましょう。

バルザースの工具向けの最初の PVD ハードコーティングはBALINIT® Aであり、1978 年 9 月 1 日に誕生しました。その時以来、エリコンバルザースはコーティング世界のパイオニアから始まりマーケットリーダーになるまで、異例のサクセスストーリーを築いてきました。

タイムライン

タイムラインフィルター

Prince Franz Josef II およびスイスの産業人 Emil Georg Bührle の援助を得て、 Max Auwärter 教授は Gerätebauanstalt Balzers を設立。

目標は、当時はほとんど知られておらず研究もなされていなかった真空薄膜フィルム技術を工業規模で使えるようにすることでした。当時、薄膜コーティングを製造するシステムや装置がなかったため、会社はそれを自前で開発および製造しました。一般的な初めてのアプリケーションは眼鏡のレンズの太陽光保護および反射防止コーティングや、カメラレンズの反射防止コーティング、電子アプリケーションの多層フィルター、反射鏡、薄膜フィルムなどでした。

  • Prince Franz Josef II およびスイスの産業人 Emil Georg Bührle の援助を得て、 Max Auwärter 教授は Gerätebauanstalt Balzers を設立。

バルザースは時計産業向けにスクラッチ防止用黄金色 PVD コーティングの開発を決定

Oerlikon-Bührle Holding AG が 100% 株主となる

TiN コーティングの工具が初評価テストで成功 (工具寿命が 4 倍に延長)

9 月 1 日、BALINIT® A を使用した工具向け PVD 硬質コーティングの開発および市場導入に対して正式に「ゴーサイン」が出る

エリコンバルザースがコーティングしたドリルを初めてドイツの展示会に出品

イタリア初となるコーティングセンターを設立

ドイツ、スペイン、アメリカに初となるコーティングセンターを設立

精密部品へコーティングを初めて応用

イギリス初となるコーティングセンターを設立

フランス初となるコーティングセンターを設立

日本初となるコーティングセンターを設立

BALINIT® B 炭化チタン窒化物コーティングの導入

スウェーデン初となるコーティングセンターを設立

BALINIT® C (WC/C) カーボンコーティングの導入

ベルギー初となるコーティングセンターを設立

超音波洗浄、CFC-free に切り替え

インド初となるコーティングセンターを設立

新 TiAlN コーティングである、BALINIT® FUTURA および BALINIT® X.TREME でドライ加工および難削材加工が可能に

韓国およびスイス初となるコーティングセンターを設立

BALINIT® DIAMOND コーティングの導入

BALINIT® HARDLUBE ハイブリッドコーティングの導入

オーストリア、シンガポール、メキシコ初となるコーティングセンターを設立

ブラジル初となるコーティングセンターを設立

世界初の大量生産 3 リットル乗用車 (VW Lupo 3L TDI) に BALINIT コーティングの部品を採用

BALINIT® DLC カーボンコーティングの導入 Oerlikon-Buhrle Holdings AGは「Unaxis」に社名変更

初めてのナノ構造コーティングである、BALINIT® FUTURA NANO の導入

ルクセンブルク初となるコーティングセンターを設立

BALINIT X.CEED チタンアルミ窒化物コーティング (TiAlN) コーティングの導入

BALINIT® CNI クロム窒化物コーティングの導入

バルザースの切削工具向けコーティングガイドを公開

新世代コーティング「第6世代」を導入 BALINIT® 開発から 25 周年を祝福 ポーランド、ポルトガル、オランダに、初となるコーティングセンターを設立

アルミクロム窒化物コーティング、「第6世代」の導入BALINIT® ALCRONA

中国およびハンガリー初となるコーティングセンターを設立 バルザースのフォーミングツール向けコーティングガイドを公開

タイ初となるコーティングセンターを設立

第 2 アルミクロムベースコーティング 「第 6 世代」の導入BALINIT® HELICA. 量産コーティング向け新コーティング システム RS 90 を開始 アルゼンチンおよびカナダ初となるコーティングセンターを設立 優れた BALINIT®カーボンコーティングを導入BALINIT® DLC STAR

600°C を下回るコーティング温度による高酸化アルミコーティングを可能とした、自社開発の特許取得済み S3p テクノロジーで技術的な発展を遂げる

チェコ共和国初となるコーティングセンターを設立 2006 年 9 月 1 日付けでバルザースはエリコンバルザースコーティングとなり、エリコングループの 100 年におよぶ産業の歴史とその伝統的な力強さをコミットします。

二重構造の新コーティング BALINIT® ALDURA を市場導入ルーマニアとトルコ初となるコーティング センターを設立

ドイツのショップハイムを拠点とする VST Keller 社を買収VST Keller 社は、革新的で環境に優しい PPD™ テクノロジーをエリコン グループに導入

フィンランドおよびインドネシア初となるコーティングセンターを設立

アジア圏にさらに 4 つのコーティングセンターを設立 この年エリコンバルザースは過去最高である 5 億スイスフラン (CHF) の売上げを記録

日本に 5 番目、インドに 5 番目、中国に 7 番目となるコーティングセンターを設立

モスクワ近郊のエレクトロスタリに、ロシア初となるコーティング センターを設立、3 月に生産開始

ドイツを拠点とする PVD コーティングの専門企業 Hartec 社を買収Hartec 社のプラスチック向け装飾・機能コーティングはユニークで環境に優しい PVD テクノロジーとして広く知られている。

自社開発の特許取得済み S3p テクノロジーで技術的な発展を遂げる

S3p® は工業化された商業的に実行可能なバルザースの HiPIMS ソリューションです。 高速、高精度、高柔軟性を備えた小型の新コーティング システム INGENIA を発表 生産性およびプロセス信頼性を向上するあらゆるドリルアプリケーション向けワンストップコーティング、BALINIT<sup>®</sup> PERTURA を市場導入 釜山 (韓国) のコーティングセンターを拡張し、アジア初となるパルスプラズマ拡散 (PPD) を導入 重慶と済南に中国第 8、9 コーティング センター、ポーランドのケンジェジン=コジレに第 3 コーティング センターを設立

クロムめっきに代わる次世代 PPD テクノロジーを発表

ドイツ、ハノーバーで開催された EMO 2013 の S3p ベースの BALIQ コーティングの導入

次のレベルに進む強みを手にする

2014 年 6 月 3 日、エリコンは、ルザー社からメテコを買収する取引が完了したと発表しました。 メテコとエリコンの既存コーティング事業提携により、表面処理ソリューション事業部の CEO としてRoland Herb の指揮下で表面処理ソリューションの世界的技術リーダーが誕生

ヨーロッパ初となる自動車業界向けコンピーテンス センターを設立

多数の招待客が集まる開所式において、エリコンバルザース初となる自動車分野のコーティングに関するコンピーテンス センターを設立スロバキアの主要都市 Košice (コシツェ) 近郊の Veľká Ida にある新施設は、エリコンバルザースの自動車市場向け全体戦略の一環。

EMO 2015:エリコンバルザースは、超高速歯切り加工向けコーティング BALINIT ALTENSA を開始

自動車および機械工学アプリケーションにおける将来性のある傾向を発展させるためにエリコンバルザースが開発した BALINIT ALTENSA AlCrN ベースコーティングを用いたテスト結果で、優れた切削速度、生産性の最大化、工具稼働寿命の大幅な延長を証明。イタリア、ミラノの EMO 2015 で初めて披露されたBALINIT ALTENSAによって、さまざまな歯切り加工アプリケーションでひときわ優れた結果が出たと自動車製造会社やサプライヤーから報告。

EMO 2015:エリコンバルザースは、生産性の高い INNOVENTA メガ コーティング システムを開始

新しい INNOVENTA mega にによる生産性のベンチマークの再定義。ポートフォリオで最大のコーティングシステムはミリングカッターやドリルといった工具で非常に優れた処理能力をl証明。バッチ時間は通常平均 5 時間以下。高さ 1 メートル、回転径 96 cm 以下の品物が収容可能。最大荷重が 3000 kg のため、大型金型やソーブレードのコーティングに理想的なプラットフォームです。 INNOVENTA mega は通常の BALINIT コーティングだけでなく、幅広いアプリケーション向けにテイラーメイドのコーティングが可能です。高速な運転試験、操作容易性、高再現性などの特長があります。INNOVENTA mega はバルザースより小型の INNOVA および INGENIA システムを補完します。

70 年間のイノベーション

1946 年、バルザースに「Gerätebau-Anstalt」を設立Max Auwärter 教授、リヒテンシュタインのPrince Franz Josef II および産業人 Emil Georg Bührle には、自分たちで事業を行う上で必要な装置の薄膜コーティングや構造の製造プロセスを開発するという革新的なアイデアがありました。プロセスと装置を初めてひとつの事業部になり提供、販売開始。このことは、70年間に及んで成功を収めてきたビジネスモデルで初めて。

韓国に5 番目となるカスタマーセンターを設立

韓国南西部の光州に 5 番目となるカスタマーセンターを設立「韓国はエリコンバルザースのサクセスストーリーです。この新しいセンターのおかげで、繁栄する光州地域のフォーミングツール / 家電製品産業や自動車産業のお客様向けに優れた短時間の配送サービスを提供できます。」と、Oerlikon Surface Solutions の Business Unit Tooling Solutions のトップである Marc Desrayaud は話しています。

インドのバンガロールで自動車産業ソリューション施設を拡大

新しい自動車産業ソリューション施設は、同市に以前からあるエリコンバルザースサービスセンターの規模の 3 倍です。将来、インド市場に大幅な投資をすることで、エリコンバルザースは、多岐にわたる産業の顧客に優れた高速なサービスを提供できるだけでなく、ポートフォリオを拡張することができます。自動車産業だけでなく、航空産業、石油ガス、医療、繊維、機械加工市場に精密部品を提供します。

BALINIT FORMERA / FORMERA PLUSを発表 – AHSSフォーミングアプリケーション向けコーティングソリューション

BALINIT TURBINE PRO を発表 – タービンブレード向けコーティング

エリコンバルザースはta-Cコーティング、BALIFOR Tを発表

エリコンバルザースはBALIFOR MでA3TSイノベーションアワード2017を受賞

エリコンバルザースはBALIFOR M、MoNコーティングを発表

エリコンバルザースはプリマテリア社を買収

BALIQ UNIQUE を発表 – アートとイノベーションの出会い

INLENIAコーティングシステム - 超スムース表面

エリコンバルザースはゲルフでNadcap認証を獲得

エリコンバルザースはDesign Lineレンジを発表

Oerlikon Balzers takes over French coating specialist DMX

DMX's expertise allows us to further strengthen our position as market leader in the market of high-precision medical components as well as in the rapidly growing market of forming tools. Those are our two key market segments.

JIMTOFにてINNOVENTA kilaを発表:PVDコーティングの柔軟性、生産性、装置間の互換性を次のレベルに!

JIMTOFにむけてエリコンバルザースはINNOVENTA kilaを発表。INNOVENTA kilaはほとんどの生産要求に好まれるサイズのコーティングシステムで、少量から大量まで完璧に対応します。ベストセラーであるINNOVAに替わり、皆様のあらゆる期待に確実にお応えします。工具・金型だけでなく研究開発にも最適なコーティング装置です。INNOVENTAファミリーと完全に互換。

エリコンバルザースは銅合金へのBALINIT Cコーティングの認定サプライヤーの地位を獲得

エリコンはエアバスとの提携を深める:エリコンバルザースは銅合金へのBALINIT Cコーティングの認定サプライヤーの地位を獲得

エリコンバルザースは主賓と共にインド最大のカスタマーセンターを開設

10月12日、表面処理ソリューションのリーディングプロバイダーであるエリコンバルザースインドは、リヒテンシュタイン公国の法定推定相続人のアロイス皇太子殿下、スイス・リヒテンシュタイン大使のドリス・フリック博士らが出席の元、マーネーサルに最大の製造センターを開設した。この新施設は、成長し続けるインド市場に対するエリコンバルザースの更なるコミットメントであり、この将来およびインドへの重要な投資により、エリコンバルザースは多様な産業全域にわたる顧客により効率的にサービスの提供が可能になります。

エリコンバルザースはドイツの熱処理会社を買収し、自動車向け表面処理ポートフォリオを拡張

表面ソリューションのリーディングプロバイダーであるエリコンバルザースは、その顧客向けプラズマ窒化サービスの拡大と自動車市場におけるポジション強化を目的としたドイツでの買収を契約、完了した。自動車産業に特化した熱処理サプライヤー、 Härterei Dipl.- Ing. Peter Eicker KG (Eicker)は、今後エリコンバルザースブランドの元で運営されます。

エリコンバルザースは歯切り工具の性能を最大限に引き出すカスタマイズ統合サービスパッケージ、primeGearを発表

primeGearは生産向け詳細分析、コンサルティングおよびカスタマイズされたソリューションで構成される包括的なサービスパッケージです。工具の取扱いや最適な加工/環境条件の確立から、基本的な材質および設計まで、エリコンバルザースの専門家が生産チェーンを作成する重要な改善を約束します。

エリコンバルザースは自動車部品の熱処理向けに最大の製造拠点をスロバキアに開設

表面ソリューションのリーディングプロバイダーであるエリコンバルザースは、スロバキアのヴェルカイダに2つめの製造センターを開設した。新工場は自動車産業におけるエリコンの成長戦略におけるもう1つのステージ(高品質と環境標準)を満たし、自動車メーカーに最新の表面処理プロセスを提供する大規模投資として記録されます。2015年に開設されたサービスセンターとともに、ヴェルカイダ工場はエリコンバルザースにとって自動車部品向けコーティングおよび熱処理における最大かつ最重要拠点として位置づけられています。

エリコンバルザースとエリコンメテコ、フリクションシステムズは名古屋に共同製造拠点を開設

6月7日、マーケットをリードするテクノロジーおよびサービスの世界的なテクノロジープロバイダーのエリコングループは、名古屋に新しい製造拠点を開設すると発表。同社は日本における自動車製造業の上位領域においてエリコンバルザースとエリコンメテコ、フリクションシステムズの優れたマーケットポジションを相乗効果を利用し更に強化していきます。

エリコンバルザースは欧州最大の工具・金型向けコーティングセンターを開設

コーティングに特化したエリコンバルザースは顧客と政治経済分野の専門家を来賓に迎え2日間に渡るイベントと共に、ビーレフェルドに新工場を開設。このコーティングセンターは、金属加工、フォーミングおよびプラスチック加工向け最新表面テクノロジーを備えた3つの従来の拠点の専門部門を6000平米のフロア1つに統合。自動車や製薬産業から工具・金型製作まで、多くの異なる分野の顧客にメリットがあります。

エリコンがスイスの化学蒸着装置製造会社Sucotec AGを買収

エリコンは、工具・金型市場に化学蒸着装置を展開するスイスの製造業者であるSucotec AGを買収。この買収は、PVD(真空物理蒸着)およびPACVD(プラズマアシスト化学真空蒸着)に注力するエリコンバルザースが提供する製品及びサービス領域を強化します。

エリコンはフィンランドの表面エンジニアリング会社DIARC Technology Oyを買収

エリコンは表面エンジニアリング技術およびサービスのプロバイダーであるフィンランドのDIARC Technology OYを買収。この買収は、自動車および精密部品産業におけるエリコンバルザースが提供する技術領域を強化し、その表面処理のポートフォリオを拡大します。

エリコンバルザースは、コーティングシステムMETAPLAS.DOMINO kila flexを発売しました。

METAPLAS.DOMINO kila flex は、扉が二つあることにより、高い柔軟性があり、迅速な積み下ろしが可能であり、また自動積み下ろし機能をアップグレードすることも可能です。

エリコンバルザースはインドに、フォーミングツール専用の施設を開設し、25周年を祝いました。

エリコンバルザースは10月12日、インドのプーネで稼働25周年を祝いました。顧客、特別なゲスト、そして従業員が集まり、成長し続けるインド市場にひきつづき注力するエリコンバルザースの姿勢の表れでもある、新しいフォーミングツールセンターの開設に注目しました。

エリコンバルザース フランスがリモージュのモータースポーツカスタマーセンターで30周年を祝いました

エリコンバルザースは10月1日と、2日に特別なゲストと顧客を招待し、フランスのリモージュにあるカスタマーセンターで30周年を祝いました。リモージュはモータースポーツ向けのエリコンバルザースのコンピテンスセンターがあることで有名であり、高性能エンジンに使われている精密部品向けのコーティングを提供しています。

SUCOTEC: エリコンバルザースは工具市場向けの新しいCVD装置を発売しました

エリコンバルザースはEMO2019において、工具市場向けの新しいCVD (Chemical Vapour Deposition)装置を3サイズ(SUCOTEC kila,、mega、giga)で発売しました。SUCOTECはエリコンバルザースが提供する商品やサービスを補完し、主に PVD (Physical Vapour Deposition) とPACVD (Plasma Assisted Chemical Vapour Deposition)に焦点を当てます。

BALIQ AUROS ねじ切り加工用工具向けコーティング

高品質ねじ切り工具向けにエリコンバルザースは高性能コーティングBALIQ AUROSを開発しました。非常に滑らかで、耐摩擦性を備えたAlCrNベースのコーティングで、工具表面と被削材との凝着から表面を防ぐためにトップコートを組み合わせ、工具の性能を向上させ、高いプロセス信頼性を保証します。

エリコンバルザースによるデジタルサービスとスマートコーティング

エリコンバルザースは2019年9月16日から21日までドイツ、ハノーバーで行われるEMOにおいて最新のコーティングと設備の開発、そして新しいデジタルサービスを発表しました。受注が確定した瞬間からデリバリーまでのすべてのコーティング工程を包括した、高品質で未来志向のこれらのサービスにより、お客様には様々なメリットをご享受いただけます。

エリコンバルザースの高品質部品のコーティングがBosch quality excellence awardのを受賞しました。

エリコンバルザースは2018年にに最高品質の部品コーティングを供給したことが認められ、Boschより「ZERO欠陥証明書」を取得しました。欠陥のない製品を提供することで、エリコンバルザースは、世界をリードする自動車部品サプライヤーの継続的な品質向上に大きく貢献しました。

エリコンバルザースが BALIQ CARBOS と CARBOS STARを発表

サーフェステクノロジーのリーディングカンパニー、エリコンバルザースは新たに水素フリーアモルファスカーボン(a-C)コーティングであるBALIQ CARBOS と BALIQ CARBOS STARを開発しました。このコーティングは、極度の接触圧力とスライドスピードを伴うアプリケーションにおいて、高硬度、低摩擦、低粗度の優れたコンビネーションを可能にします。

エリコンバルザースから最高レベルの難削材加工向けに、BALINIT TISAFLEXが登場

エリコンバルザースのBALINIT® TISAFLEXは優れた耐酸化性、高い耐熱性と比類ない耐摩耗性を備え、チタン、ニッケル合金、ステンレス、硬化鋼など、航空宇宙、3C(コンピューター、通信、家電)や金型製造産業で、ますます使用されている難削材を完璧に加工するための、ハイエンドコーティングソリューションです。

エリコンバルザースは第一回エリコンバルザース・サーフェスソリューションズシンポジウムを主催しました。

精密部品向けの第一回サーフェスソリューションズシステムズシンポジウムには、顧客や産業のリーダーなど75名が参加し、異なる産業の枠を超えて、ネットワークを構築し、将来の部品コーティングについて意見が共有されました。

エリコンバルザースはBALINIT MILUBIAとBALINIT NALUBIAを発売しました。

衛生機器、空気弁、セラミックシャフトやポンプベアリングのセラミックシールディスクだけでなく、ポンプやコンプレッサーの部品―これらは長期にわたって高摩擦環境に晒されています。これらの機器を長期間、安心して使用できるよう、エリコンバルザースは高頻度使用や高温による摩耗から部品を保護する水素フリーカーボンコーティング、 BALINIT MILUBIA と BALINIT NALUBIA を開発しました。

エリコンバルザースはスウェーデンに2つのカスタマーセンターを竣工

2019年エリコンバルザースは5月28日にエクスバリにひとつめの、翌日にはシェーピングに2つめのカスタマーセンターを新設しました。この2つの新しいカスタマーセンターにより、エリコンバルザースは「お客様のより近くに」という当社のストラテジーを引き続き追求することで、納期と移動距離の短縮、カスタマーサービスの改善、カーボンフットプリントの削減に貢献します。

エリコンバルザースは中国で15周年を祝う

エリコンバルザースは中国最初カスタマーセンターである、蘇州センターにおいて15周年を祝いました。さかのぼること2004年、20人あまりの従業員で生産を開始しましたが、その後年々急速に成長し、現在では、従業員数百人規模、13のカスタマーセンターをもつまでに拡大しました。経営陣は当初の設立当初からのメンバーをアニバーサリーディナーに招き、15年以上にわたる貢献を称えました。 

エリコンバルザースは持続可能なクロム外観のプラスチック硬化専用コンピテンスセンターを建設

2019年5月16日、エリコンバルザースは、ドイツのビジンゲンに新コンピテンスセンターの建設に着手しました。今年末までに生産が開始され、主に自動車産業部門のプラスチック部品が、数千平方メートルの同サイトにて、持続可能なePDテクノロジーを用いてクロム外観に硬化されます。ビジンゲンの同コンピテンスセンターは100以上の雇用を生み出し、それらによってエリコンバルザースは自動車セクター顧客の高い需要と増え続ける要求を満たすことが可能になります。

エリコンバルザースはメキシコに新しくカスタマーセンターを開設し、20周年を祝いました。

2019年 4月4日、エリコンバルザースはメキシコのケレタロに新コーティングセンターを開所しました。同時に開所式では顧客および主賓と共にエリコンバルザースメキシコの20周年を祝いました。この新しいサイトはエリコンバルザースの成長戦略における鍵となる道しるべ、エリコンバルザースはその持続可能な高品質コーティングおよび熱処理に対する自動車産業からの需要の増大に対応していることを表しています。

エリコンバルザースは中国で新しいコーティングセンターの拡大を続けます

エリコンバルザースは、中国東莞市(Dongguan, China)にて新しいコーティングセンターを竣工し、名誉あるゲスト達とともに竣工式が開催されました。東莞工場では、近年急増している受注量を処理するために、従来と比べて非常に大きな製造スペースが求められていました。エリコンバルザースは2004 年に中国でコーティングビジネスを開始しました。新設されたコーティングセンターは現在、中国内で2番目に大きな工場です。

エリコンバルザースは医療用コーティングBALIMEDを発表しました。

エリコンバルザースは、今日の医療器具と部品業界からの困難な要求に応える、7種類の優れたコーティングで構成される新BALIMEDのポートフォリオを発表しました。これらの低摩擦・耐摩耗性能を備えた薄膜コーティングはコスト効率が非常に高く、また生体適合性、抗菌性、そして化学的に不活性な特性を持つため、患者の回復具合も改善します。

Oerlikon acquired diamond coating technology leader, D-Coat, in Germany

Oerlikon has acquired D-Coat GmbH, a leading provider of diamond coating technology in Germany. The acquisition expands Oerlikon Balzers’ portfolio of surface treatment technologies, especially for cutting tools applied in the aerospace and automotive industries.

New global Competence Centre for PDC (Plastic Design Components) opens in Bisingen, Germany

Now that the new site has been commissioned, we can offer job coating of plastic injection moulded components for a wide range of industries, including the automotive, consumer goods and household appliance sectors: Metallised plastic coatings based on our ePD technology. As well, the Bisingen Competence Centre will mainly be responsible for the sale of INUBIA coating systems and will provide support for interested customers when designing, setting up and commissioning their own coating facilities. This includes coating and product development, as well as conceptual design of overall production processes.

Airbus qualifies Oerlikon Balzers’ high-end coating system for REACH-compliant component coatings using BALINIT C

Oerlikon Balzers has received qualification from Airbus for its RS 50 coating system, which uses the latest carbon coating technology. The RS 50 is located in Ferrières-en-Brie near Paris, a major Aerospace certified production facility of Oerlikon Balzers. The coating system has been selected and approved by Airbus to secure REACH-compliant PVD coatings with BALINIT C.

Oerlikon Balzers introduces REACH-compliant BALINIT PROTEC coating for industrial gas turbine compressors

Three key factors can impair performance of industrial gas turbine compressors: Solid Particle Erosion (SPE), Water Droplet Erosion (WDE) and corrosion of turbine blades. If undetected, these problems will reduce efficiency and increase costs for operators of power generation plants. BALINIT PROTEC from Oerlikon Balzers, is a REACH-compliant coating specifically developed to make industrial gas turbine compressors significantly more efficient and protect against corrosion and erosion.

Oerlikon Balzers introduces BALIMED TICANA coating for dental abutments and instruments

Oerlikon Balzers has introduced BALIMED TICANA, a PVD coating specifically designed for dental abutments and instruments that meets the stringent requirements of modern dentistry. The innovative coating is the same colour as human gums, which makes it discreet, and it also offers functional properties that help ensure patients get the very best long-term healthcare. The new BALIMED TICANA coating represents another step forward in Oerlikon Balzers’ growth strategy in the medical industry.

Oerlikon Balzers France awarded Nadcap Merit Status

Oerlikon Balzers has received Nadcap Merit Status for all the coating technology used in its customer centre Ferrières-en-Brie, France. The Merit Status means a less frequent audit schedule and is “a sign of trust in the ongoing commitment to quality”, according to the Performance Review Institute, which administers Nadcap.

Oerlikon Balzers opens new application support centre for pre- and post-treatment in Sweden

Oerlikon Balzers has opened a new application support centre in Uppsala, Sweden, for the pre- and post-treatment of cutting tools for the automotive industry. Not only does the new location give customers an information and consulting centre: it also serves as a training centre for new employees and apprentices, so that Oerlikon Balzers staff can keep up-to-date with the latest pre- and post-treatment technology and offer first-class service to customers around the world.

Oerlikon Balzers receives GreenCo Certification and Platinum Quality Excellence Award in India

Oerlikon Balzers India has received GreenCo Silver Certification from the Confederation of Indian Industry (CII) and has been awarded first prize (Platinum) in the Quality Excellence competition organised by the Federation of Indian Chambers of Commerce & Industry (FICCI). These awards recognise Oerlikon Balzers’ contribution towards an ecologically sustainable business model and to improving the customer experience by providing quality goods and services in India.

Oerlikon Balzers recognised by Bosch as Best Supplier of Surface Treatments

Oerlikon Balzers has received the Bosch “Best Supplier of Surface Treatments” award for 2019. The company was recognised for providing excellent quality with its high-end coatings applied to precision components for the world’s leading automotive supplier.

Oerlikon Balzers introduces new BALORA portfolio featuring the next generation of MCrAlY coatings based on PVD Arc technology

Oerlikon Balzers has introduced its new BALORA portfolio of coatings which offers revolutionary properties for applications in high-temperature environments, such as in the aerospace and power generation markets. The first coating from the new portfolio, BALORA PVD MCrAlY, represents the next generation of high-density MCrAlY coatings, which use Oerlikon Balzers’ proven PVD Arc surface and equipment technologies to form an outstanding barrier against oxidation and hot corrosion inside the hot section of turbines.

1 of 88

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up