\uf1ad

その他の機能

その他の機能

エリコンのコーティングおよび表面処理ソリューションで無限の機能性表面を創製します。 エリコンが調整および強化できる特性には、生体適合性、結合防止、摩擦調整、およびガス透過性があります。

磁性とは、原子レベルでの引力や斥力による電界の物理的現象です。石油やガスの傾斜掘り装置など、特定の用途において非磁性は極めて重要です。エリコンメテコは、API(アメリカ石油協会)規格を満たす最も硬く、非磁性で、比透磁率が極めて低い表面を数種類開発しています。

標準的な電磁式膜厚計や類似の機器を使用して厚さを測定できるコーティングは、「可読性」コーティングと呼ばれます。このため、当社独自のコンピューターによる合金開発プロセスScoperta™を使用する発電/廃棄物発電ボイラーや、その他の用途において効果的な保護を提供する上で、コーティングの厚さ管理、従って可読性が役立ちます。エリコンメテコは、鉄のみをベースにした完全に可読性のある溶射合金を開発しました。

さらなる環境保護のために、特に発がん性物質である六価クロムを環境に放出しない、環境に優しいコーティングが求められています。一方クロムは、多くの合金において耐食性を強化する性質があることで知られています。コンピューターによる合金開発プロセスScoperta™を使用することで、エリコンメテコは、クロムを含まない耐摩耗性と耐食性を持つ新たな種類の合金の開発に成功しています。

生体適合性

生体組織との適合性の確定は、医療インプラントの開発の上で重要な前提条件です。 インプラントの表面仕上げおよび全体設計は、生体適合性にとって、化学成分と同様に重要です。 エリコンのコーティングソリューションを使用して、インプラントの物理および化学特性の両方が、交換対象の生体組織に適合することを確実にします。

付着防止

エリコンでは、各用途に適したさまざまな付着防止システムを提供しています。 例えば、インジェクションスクリューおよびモールドに使用した薄膜コーティングは耐摩耗性と付着防止特性を組み合わせています。 これにより注入、モールドからの取り出しおよび表面仕上げが改善します。

付着防止コーティングシステムは、金属またはセラミックベースの溶射皮膜および、その上にオーバーコートされるテフロン (PTFE) から構成されています。 下層の耐摩耗性により、通常のPTFE より寿命が長くなり耐用性の向上が実現できています。 このタイプのコーティングシステムは、食品、紙、印刷および包装業界で使用されています。

摩擦ライニング

最新の小型で軽量なトランスミッションには、摩擦ライニングの改善が必要です。

摩擦ライニングを使用するコンポーネントには以下のものがあります:

  • シンクロナイザー
  • マルチディスク・クラッチアセンブル
  • トランスデューサー・クラッチアセンブル
  • ギヤー

エリコンの表面処理を使用して、これらのコンポーネントに必要な要件を満たすことができます:

  • 一定の摩擦係数
  • 耐摩耗性
  • 耐油性表面
  • 良好なオーバーロード動作
  • 連続スリップ応用への適合性

浸透性 or 透過性

溶射皮膜には常に、一定の気孔率が存在します。 皮膜のガス透過率は気孔率の増大とともに増加します。

金属およびセラミックスコーティングでは、気孔率を調整できます。 皮膜はまだ構造的に健全のままで、気孔は皮膜内全体に均一に分散されていることが必要です。 

気孔率調整が必要なコーティング用途は以下のとおりです:

  • 隙間調整コーティング(アブレーダブル)
  • ガス透過性コーティングを使用してセンサー部に到達する酸素量を調整するために使用される自動車エンジン用酸素センサー 

 

お問い合わせ