\uf1ad

電気的効果

電気的効果

必要な電気特性を有する表面を形成するために、当社のコーティングソリューションが適用できます。 エリコンの表面技術は、導電性を向上し、電気絶縁を実現、誘電強度を上げ、電磁波 (EMI) および高周波 (RFI) シールディングを行い、磁性表面を生成します。

伝導、誘導、絶縁、磁気および抵抗加熱等の電気特性はすべて、コーティングを使用して達成できます。 これらのコーティングは、コロナロール等の広い面積へ適用でき、また、センサーアプリケーションのための局部コーティングにも適用できます。 多層コーティングは、例えば陽極、陰極および電解質から成る燃料電池等の電気コンポーネントを構築するのに使用できます。 鉄ベースの材料を使用して、アルミニウムパンへのコーティングを行い、誘導加熱レンジで使用できるようにします。 特殊な抵抗体コーティングは、発熱体に適用できます。

電気伝導

金属コーティングは、非導電性または導電率の低い基材に適用することで導電性を向上できます。 導電および非導電性コーティングを組み合わせることもできます。 このような組み合わせを使用して、帯電防止、電磁波シールドあるいは電気接点の導電性改善ができます。 

電気絶縁

セラミックス材料は、金属基材上に使用する場合、優れた電気絶縁体となります。 これらのコーティングは高温で安定しており、溶融金属および機械摩耗に対して耐性があります。 絶縁特性は、封孔剤を使用することで向上できます。

磁気

強磁性材料(鉄、ニッケル、コバルト)のコーティングは、非常に小さい領域にも正確に適用できます。 結果として発生する誘導電位は、センサーで検出でき、可動コンポーネントの正確な位置を決めることができます。 磁気コーティングは通常、汚染環境内でのピストンロッドに使用されます。

お問い合わせ