\uf1ad

腐食

腐食

エリコンの皮膜ソリューションにより、メンテナンス費用を削減し、お使いの部品のサービス寿命が延長されます。 塩分、酸、アルカリ、溶融金属、金属蒸気、高温ガス、および硫化が原因のものを含め、多くのタイプの腐食から保護できます。

腐食は、金属と周囲の環境の間で発生する電気化学プロセスです。 この化学反応により、酸化物およびその他の望ましくない化合物が生成されます。

腐食プロセスは3つの要素で構成されます:

  • 陽極: 腐食作用を受ける金属
  • 電解液: 腐食媒体として作用
  • 陰極: 電池を形成する

電解腐食(ガルバニック腐食)

電解腐食は、電解液の中に異種金属が存在する場合に発生し、陽極側の金属が腐食されます。 このタイプの腐食は、2つの異種金属間だけではなく、1つの金属でも発生することがあります。 最も多いのは、電解液が、溶液あるいは気相中に含まれる塩分、酸またはアルカリの場合です。

隙間腐食と孔食

このタイプの腐食は、広いエリアではなく、酸素が不足している、あるいは陰イオン濃度が高いために生成される小さな亀裂や孔に発生します。 これらの孔は、腐食物質を取り除いたり、酸素を補充したりしても、成長し続けることがあります。 これは、孔や隙間内の環境が、他の表面とは異なるためです。 これらの孔または隙間は、局所的な応力集中の原因となるため、亀裂を進展させる結果となり、部品の破壊に繋がります。

高温腐食と酸化

この非電気化学的腐食は、金属が、硫黄や酸素などの酸化雰囲気に高温で長期間さらされた場合に発生します。 ガスタービンエンジンおよび自動車燃焼エンジンは特に、このタイプの腐食に敏感です。

お問い合わせ