\uf1ad

レーザー能力

レーザー能力

多様な溶接・クラッド用途で4つの高出力レーザーシステムをご利用いただけます。6軸CO2レーザーガントリーロボット、7軸ファ イバーレーザーシステム、10軸MetcoCladシステム、そしてポータブルNd:YAGレーザーです。一般的な用途にはタービンブレー ドの修理、耐摩耗性コーティングの適用が含まれます。

CO2レーザーシステム

CO2レーザーはレーザー媒体としてガスを使用して操作します。産業用途ではいまだに最も頻繁に使用されているレー
ザーです。ビームの質が優れているため、キーホールの溶接やレーザークラッディングに適しています。 

技術データ

  • CO2レーザー、200 W­–2.2 kW電力出力
  • 10600 nm(赤外線)波長
  • 6 CNC軸付きガントリーロボット:
    • 3軸は変格X–Y–Z:2.7 x 1.8 x 0.9 m
    • 3軸は回転A–B–C:360°、±90°、360°
    • A軸は無段で、水平と垂直操作の間で90°可変 
  • 部品のターンテーブルの直径は最高1.8 m
  • 5軸同時溶接
  • オフラインプログラミング能力
  • 統合型形状認識システム

ファイバーレーザーシステム

当社のファイバーレーザーの主な利点は柔軟性です。50 Wから1.5 kWまで電力出力を調節できるため、鉄、ニッケル、コバルトベースの材料のほか、アルミ合金とチタン合金のレーザークラッディングには最適なツールです。

部品の形状とサイズに対して最大限の柔軟性を確保できるよう関連ハンドリングシステムを設計しました。 

技術データ

  • イッテルビウムファイバーレーザー
  • ファイバーレーザー、電力出力50 W~1.7 kW
  • 1070 nm(近赤外)波長
  • 5 CNC軸:
    • 3軸は変格X–Y–Z:0.7 x 0.7 x 0.5 m
    • 2軸は回転B–C:ターンテーブルで±180°、360°
    • 2回転軸は手動でD–Eに調節可能:処理ヘッドで360°、±90 
  • 5軸同時溶接 
  • オフラインプログラミング能力

MetcoCladシステム

MetcoCladシステムは、レーザークラッディングサービスの既存の能力を引き上げます。6 kWのダイオードレーザーと統合型ロボットハンドリングシステムで、真に最先端のレーザークラッディングを実現します。大きな部材でさえ、CNC制御で処理できます。

技術データ

  • ダイオードレーザー、60 W~6.0 kWの電力出力
  • 900~1070 nm(近赤外)波長 
  • 10軸のロボットシステム
    • トラック取り付け型ロボット(7軸)
    • 最高重量500 kg(2軸)の部品向け傾斜ターンテーブル
    • 長さ4 mおよび重量3トン(1軸)までの部品向け旋盤
  • オフラインプログラミング能力

Nd:YAGレーザーシステム

手動操作する小型Nd:YAGレーザーは、小さな板金構造と管継手の溶接や、現場での操作を要する用途に最適です。 

技術データ

  • パルスNd:YAGレーザー、平均電力出力150 W
  • 10 kW最大パルス電力、20 Hz最大パルス周波数
  • 1064 nm(近赤外)波長
  • 3軸X–Y–Zは、プログラム可能な供給速度
  • レーザーアームのリーチ1200 mm
  • 自由に回転・傾斜できる処理ヘッド
お問い合わせ