\uf1ad

溶射用自溶および自己融着合金粉末材料

溶射用自溶および自己融着合金粉末材料

高い耐摩耗および耐食性を有する緻密な皮膜が必要な場合には、自溶合金を選定し、溶射後、ヒュージング処理をします。 自己融着合金は溶射後のヒュージングができない場合に、自溶合金のメリットの多くを実現してくれます。

自溶材料

自溶材料は、粉末フレーム、大気プラズマまたは高速フレーム溶射 (HVOF) 等の溶射プロセスによって施工されます。 皮膜は溶射したままの状態でも使用できますが、皮膜を融合させるため、溶射後のヒュージング処理をお勧めします。

ヒュージング処理された皮膜の特性とメリット

  • 十分に緻密化された皮膜のミクロ構造
  • 高い皮膜硬度
  • 優れた耐摩耗および耐食性
  • 皮膜は、基材に冶金学的に結合される
  • 皮膜は研摩可能であり、良好な仕上げ面で、精度良く仕上がる

自己融着材料

コーティング後のヒュージングにより、部材が変形するあるいは基材がフュージングの熱に耐えられないような状況では、自己融着材料が代替物として優れています。 これらの材料は、溶射後のヒュージングをしなくても、溶射プロセス中に部分的に融着を起こします。

自己融着材料の特性とメリット

  • 使いやすい、ワンステップコーティングプロセス
  • 気孔が非常に少ない
  • 皮膜硬度が非常に高い
  • 耐摩耗および耐食性に優れている
  • 基材との密着性が良い
  • 皮膜は研摩可能であり、良好な仕上げ面で、精度良く仕上げることが可能

生産ニーズに柔軟に適合

 

多くの場合、コーティングは、簡単な粉末フレーム溶射システムで容易に施工できます。 ヒュージングが必要な場合には、簡単な酸素アセチレントーチを使用して手動で実施されることがよくあります。

高生産量または量産については、完全自動化システムを使用して、コーティングを行うことができます。 ヒュージングは炉を使用するバッチ処理または高周波(RF)誘導コイルで実行できます。 適切に処理した場合、部材の変形は無視できる程度になります。

エリコンでは幅広い自溶および自己融着合金を提供し、各種用途の要件に対応します。 高い耐摩耗性が必要な場合には、炭化物の硬質相を有する製品を提供します。

お問い合わせ