\uf1ad

溶射用サーメット材料

溶射用サーメット材料

セラミックと金属材料の複合材であるサーメットは、金属とセラミックの多層コーティングシステム内の熱膨張率の不一致を解消する中間層の役割を果たします。 厳しい熱サイクルを受ける機器のコーティング性能や寿命を強化するのに最適なソリューションです。

熱サイクルによって生じる初期損傷を防止

"Cermet”(サーメット)は、Ceramic(セラミック)の"Cer"とMetal(金属)の"met"を合わせたものです。 基材と機能膜間の熱拡張率の不一致を調整し、金属ボンドコートとセラミックトップコートの間の中間層として使用します。 サーメットはもともと、遮熱および厚い隙間調整コーティング等、タービン応用に設計されたものです。 しかし、このクラスの材料は、厳しい熱サイクルが簡単な2層コーティングシステムの初期損傷の原因となる、多くの機器に適用できます。 

シングルソース材料サプライヤー

エリコンでは以下の用途を持つ多様な金属/セラミックの組合わせを提供します:

  • アルミナ、ジルコニアベースのトップコーティング用粉末
  • ニッケル、アルミニウム、クロムベースのボンドコート用粉末

エリコンは、ボンドとトップコート用粉末製品のいずれも提供することで、お客様が高品質のシングルソースからコーティングシステム全体を取得できるようになります。

お問い合わせ