\uf1ad

溶射用カーバイド粉末材

溶射用カーバイド粉末材

カーバイド材の溶射コーティングは摩耗や腐食保護に実績のある方法です。 エリコンの包括的なカーバイド材のポートフォリオには、特定の摩耗に対するニーズや動作環境に合わせた適切な材料が含まれています。

アプリケーションのフレキシブルな選択

材料によって異なりますが、カーバイド系材料は、一般に高速フレーム溶射 (HVOF) を使用することにより最適な仕上がりが得られます。 必要に応じ、大気プラズマ溶射または粉末フレーム溶射Thermosprayを使用することにより、良好なカーバイドコーティングが得られます。

特定の耐摩耗ニーズに応える表面保護

溶射カーバイドコーティングは以下から保護するための最善の選択肢です。

  • アブレージョン
  • 凝着
  • 腐食(固体粒子またはキャビテーション)
  • フレッティング
  • 衝撃
  • 摩滅
  • 摺動摩耗
  • 硬い表面
  • 摩耗メカニズムの複雑な組合せ

お客様のサービス環境に特化した材料

コバルトマトリックスのタングステンカーバイド材は最高の摩耗保護を提供します。 優れた耐食性を必要とするサービスのために、エリコンは、ニッケル、コバルトクロム、コバルト - クロム - ニッケルのマトリックスをお勧めします。 お客様のアプリケーションに500 °C (930 °F)以上の使用温度が必要である場合、エリコンは、一般に、ニッケル - クロムマトリックスの量を調整した炭化クロム材をお勧めします。 マトリックスの割合が高い材料はより優れた延性を有するコーティングを形成し、その結果衝撃やフレッティングへの耐性が改善します。 逆に、マトリックスの割合が低い材料は、硬度が高くなり、アブレージョンや摩耗耐性が高まります。

製造全体における材料の最適化

エリコンが材料を製造するために採用する製造プロセスは、直接、製品の使用と溶射特性に影響を与えます。 凝集および焼結カーバイド材は融合または粉砕カーバイド材と比較して、より優れた微小硬さや付着効率の面膜が得られます。 エリコンは、粉体の緻密化により、さらに優れた付着効率を達成しています。 エリコンは、様々なアプリケーションと溶射プロセスに対応するように製造工程を通してカーバイド材を最適化します。 エリコンは、特定の液体燃料または気体燃料HVOF溶射ガンに適合した様々な粉末サイズを有する種々の組成の製品を提供しています。 これらの最適化手順をすべて適切に組み合わせることにより、お客様の生産時間とコストを節約でき、表面寿命を延長させます。

硬質クロムめっきの代替

溶射カーバイドは、特に着陸装置、油圧ロッド、 油田装置において硬質クロムめっきの優れた代替となります。 下記の利点があります:

  • 部品の故障によるダウンタイムを削減する迅速なアプリケーションを実現
  • 動作環境に合わせ、材料をカスタム化
  • コーティングは非常に高品質な表面仕上げや厳しい公差要求を満たすために、研磨や超仕上げ加工が可能
  • 多くの場合、後処理の必要がない滑らかな溶射表面

機械加工ができない部品に適した微細なカーバイド材

機械加工が困難であったり、コスト高になる部品には、非常に微細なカーバイド材をご用意しております。 これらの材料を使用すると非常に滑らかな溶射表面に仕上がり、この後の機械加工をほとんどまたは一切施す必要がなくなります。 例えば、製紙業界で使用されるコルゲートロールは耐アブレージョン性表面を必要としますが、機械加工をするにはコスト高となる形状を呈しています。

ダウンロード

お問い合わせ