\uf1ad

雰囲気制御プラズマ溶射システム

雰囲気制御プラズマ溶射システム

これらのシステムは雰囲気制御内で運転され、密度が高く酸化物のない高純度の皮膜を製膜します。 このような特性のため、金属、セラミックスあるいはサーメット材料を適用した産業用および航空機用ガスタービン部品、医療用インプラントに応用されています。

雰囲気制御プラズマ溶射システムのポートフォリオには以下の製品が含まれています。

  • 真空プラズマ溶射 (VPS)
  • 低真空 (LVPS)/低圧 (LPPS) プラズマ溶射
  • 低圧プラズマ溶射ハイブリッド(LPPS ハイブリッド)

酸素の存在は、皮膜特性に悪影響を与えることがあります。 制御された雰囲気で材料を溶射すると、皮膜は非常に高純度で密度が高く、酸化物も含まれません。 溶射する前に処理部材を予熱し、かつクリーニングすることにより、溶射皮膜の応力を低減でき、清浄で酸化物のない基材表面が得られます。 雰囲気制御プラズマ溶射では、以下のような多くのタイプの表面保護を実現できます。

  • 酸化
  • 高温腐食
  • 化学侵食
  • エロージョン
  • 摩耗
  • 電気抵抗

雰囲気制御システムの比較

 

VPS

LVPS
LPPS

LPPS ハイブリッド

MultiCoat システム・プラットフォームによる制御

X

X

X

バッチ処理(8、12、16、24、またはそれ以上の部材に対応できるインデックス装置): 低い生産速度での小型部材のコーティング

X

   

連続処理: 高い生産速度での大型部材のコーティング

 

X

X

トランスファ・チャンバーでの予熱とクリーニング、メイン・チャンバーでのコーティング

 

X

X

反転移行式アークを使用した下地のクリーニング

X    

航空機および産業用ガスタービンの静翼および動翼の酸化と高温腐食防止

X

X

X

医療用インプラントおよび生物医学ツールのコーティング用無酸素溶射環境

X

   

高製膜速度による柱状の熱遮蔽膜 (TBC)

   

X

固体酸化物形燃料電池電解質とインターコネクタへの拡散防止層

   

X

コーティングチャンバーでの気相モードによる死角領域へのコーティング

   

X

耐摩耗および電気絶縁用アルミナコーティング

   

X

お問い合わせ