\uf1ad

ワイヤーフレーム溶射

ワイヤーフレーム溶射

エリコンメテコのワイヤーフレーム溶射サービスには防食コーティングと部材の形状修復を含みます。 金属ベースのワイヤーは大型鉄鋼製品、化学および石油タンク、海洋アプリケーションとしてショップや現場で使用できます。

プロセスの説明

材料を溶融させるための燃料ガスと酸素の燃焼フレームにワイヤー溶射材料を連続供給します。 フレームを圧縮空気で取り囲み、ワイヤーの溶融された先端を噴霧します。 これによって部材の表面へ溶融粒子を加速します。 ワイヤーフレーム溶射は機械部品の補修や防食によく適用されます。 硬質ワイヤー(高融点)または軟質ワイヤー(低融点)のいずれも使用可能です。  

プロセスの基本

熱源

燃料ガスと酸素
材料 ワイヤー (金属)
火炎温度 約 3,100°C
粒子速度 最大200 m/s
溶射能力

15 – 1,400 g/min

ワイヤーフレーム溶射の概略図

主な特徴

  • 現場で溶射作業ができるポータブル性
  • 低ガス消費量で高い溶射速度

代表的なアプリケーション

  • 鉄鋼構造物
  • 輸送パイプ
  • 貯蔵タンク
お問い合わせ