\uf1ad

粉末フレーム溶射

粉末フレーム溶射

粉末フレーム溶射は、機械部品のメンテナンス、補修、形状修復、アブレーダブル/クリアランス制御アプリケーションに適しています。 純金属、合金、炭化物、ポリマー、セラミック粉末などを溶融するために酸素と燃料を使用しています。

プロセスの説明

材料を溶融させるため燃料ガス - 酸素の燃焼フレーム内に粉末状の溶射材料を連続供給します。 粉末キャリアーガスは、粉末粒子を燃焼フレームに噴出させます。燃焼ガスにより溶融粒子は加工部材の表面に溶射され、粒子は急速に固化して皮膜を形成します。 

プロセスの基本

熱源 燃料ガスと酸素
材料 粉末(金属、セラミックス)、金属およびポリマーのブレンド
火炎温度 最大 3,100°C
粒子速度 最大50 m/s
溶射能力

35 – 150 g/min

粉末フレーム溶射の概略図

主な特徴

  • 耐摩耗・耐食性向上、アブレーダブル/クリアランス制御アプリケーションに対応
  • 皮膜は機械加工が可能であり、最終寸法・表面仕上げに加工できます。

代表的なアプリケーション

  • クランクシャフト
  • サッカーロッドカップリング
お問い合わせ