\uf1ad

レーザークラッディングプロセス

レーザークラッディングプロセス

レーザークラッディングは精密溶接肉盛プロセスであり、溶射を補完する技術です。PTA(プラズマ移行性アーク)溶接の代わりに使われることが増えており、精密な溶接補修ではTIG(タングステン不活性ガス)など従来の溶接方法よりも優れています。

プロセスの説明

レーザークラッディングでは、レーザー光の焦点を調節し、所望のスポットのサイズで選択的に処理できます。原料粉末は、不活性ガスによって粉末ノズルを通して溶融池に供給されます。レーザー光学系と粉末ノズルが部材表面を移動して選択的な処理、全面被覆あるいは三次元的な形状修復を可能にします。

プロセスの基本

代表的なレーザーパワー 1~6 kW
代表的なビルドアップレート 0.1~12 kg
代表的な膜厚     0.2~4 mm(以上)
塗料 クラッド可能な粉末(金属、金属合金、カーバイドブレンド)

レーザークラッディングプロセス図

主な特徴

  • 完全な冶金結合と十分に緻密なコーティング
  • 最低限に抑えられた熱影響領域、および低希釈率(基材とクラッド材間)により、低い膜厚で機能的なコーティングが可能
  • 急速な凝固速度の結果生じる微細で均質的なミクロ構造で、カーバイドコーティングの耐摩耗性を促進
  • エッジの幾何学的形状は、クラッド材によって調整可能
  • ニアネットシェイプ加工では、仕上げがほとんど不要
  • 従来の溶接プロセスでは困難または不可能なことさえある炭素の豊富なスチールやニッケルベースの超合金といった鋭敏な素材の溶接性が拡張
  • 熱影響領域が小さく、コンポーネントのストレスを最低限に抑えられるため、多くの場合溶接後の熱処理を省略することが可能
  • クラッドプロセスを数値で制御できるため、優れたプロセスの安定性と再現性を確保

代表的用途

  • 形状修復
  • 摩耗と腐食の防止
  • レーザーアデティブマニュファクチュアリング
お問い合わせ