言語

微細粉塵や腐食を最小限に抑える

何十年もの間、規制機関は自動車のエンジン排出量に着目してきました。しかし現在、PM10の合計交通排出量のうちエンジン排出量は19%ですが、車両のブレーキシステムからの排出量は31%にも及んでいます。その結果、世界各国の政府により、PM10の交通排出量規制やブレーキシステムの規制が厳格化されています。エリコンメテコのブレーキディスク用表面処理ソリューションは、従来の鋳鉄ディスクから生じる微細粉塵や腐食を最小限に抑え、ブレーキ性能を向上させるだけでなく、表面の錆発生を無くす事で外観さえ向上させます。

適切なブレーキディスクのコーティングは、環境条件(湿度、塩分への曝露、道路粉塵など)と機械的応力(車両の重量、交通状況など)に左右されます。

  • 電気自動車のブレーキディスクの保護を強化する必要があります。
  • 当社のDiscCover™ソリューションは耐摩耗性と耐食性を兼ね備え、あらゆる状況で最高の性能を発揮します。
  • 微細粉塵を大幅に削減することと、長寿命化することにより、ブレーキシステムの環境規制強化に対応できるよう支援しています。

当社の3つのブレーキディスクソリューションは、お客様の保護とコストの要件に合わせて、適切なレベルの耐食性と耐摩耗性を提供します。

  1. DiscCover™ Eco
  2. DiscCover™ Jet
  3. DiscCover™ Beam

当社はこの急成長を遂げる市場に対応する新しいソリューションを開発し続けており、当社のエンジニアがブレーキディスクアプリケーションに最適なソリューションの選定に貢献します。

 

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up