言語

エリコンメテコは、採掘における次のような共通の課題に対する独自の新しいソリューションを提供しています。車台における部品の摩耗は、クローラーの効率低下、燃料コストの増加、牽引力の低下をもたらし、最終的には危険な運転条件につながります。

効率性の向上により、鉱石1トンあたりのコストを低減

リンク、ピン、ブッシング、スプロケット、ローラ、アイドラー、シュー、フレームなど、クローラーの車台部品は次の状況にさらされています。

  • 側面荷重
  • 衝撃荷重環境
  • 高振動
  • 高温と低温
  • 高応力および高応力摩耗
  • 高応力および低応力ガウジング

部品の低寿命化は、運用コストが増加するだけでなく、部品やバックアップ機器で多くの在庫が必要です。高機能材料や肉盛溶接はこれらの部品の保護用として実績のあるソリューションですが、適用するためには特別なプロセスや装置が必要です。採掘設備のOEM、スペアパーツ製造業者、MROサービス会社は、より簡単に利用できる代替ソリューションを必要としています。エリコンメテコにそれを提供します。

車台部品に簡単に適用できる高性能合金

当社の車台部品用の革新的な材料は、従来のGMAW(MIG)、プラズマ移行性アーク(PTA)、レーザー溶接装置を用いて適用できます。これらの高性能合金は、部品の形状と効率を維持します。例えば、エリコンメテコの新しいマンガン鋼肉盛溶接は、HRC 45~55(溶接)およびHRC 60(加工硬化)という高い硬度を提供します。このように、これらの新材料は、従来のマンガン鋼肉盛溶接よりも優れています。

  • 高耐摩耗性と高耐衝撃性により、部品の寿命が30%~400%向上します
  • 部品の交換頻度が低いため、設備稼働停止時間の短縮や人件費の削減により、結果として全体的なコストの削減が可能となります
  • 硬化肉盛により、部品形状が維持されます。これにより、設備やトラクションの効率を維持し、安全性を向上させることができます
  • 鉱石1トンあたりのコストを低減:高効率化、交換コスト削減、物流負担の軽減により、1時間当たりのランニングコストや鉱石処理量1トン当たりのコストを低減することができます
  • エリコンメテコの材料は簡単に適用できます。必要な材料は1つだけで、標準的なGMAW装置で適用することができます
お客様の事例:

エリコンメテコは、新たに開発した2つの材料を異なる鉱山でテストしました。

  • Metco 8233は、中南米の銅鉱山や米国の金鉱山の掘削機のトラクターに取り付けられているハードックス基材に適用されました
  • Metco 8226は、オーストラリアの鉄鉱山の同じ設備でテストされました

すべてのケースで、Metco 8233またはMetco 8226で溶接された部品は、鉱山内の摩耗環境が異なっていても、耐久時間が2倍に達しました。このようにして、掘削機の停止回数を減らし、通常の予防的な計画的メンテナンスの間にグラウザーを交換できました。その結果、掘削量が大幅に向上し、グラウザーの保守や交換にかかるコストが削減されました。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up