言語

バケットツース、カッティングエッジシュラウド、トラックパッドグラウザーなどのグラウンドエンゲージングツール(GET)は、衝撃、高応力・低応力の摩耗、高応力・低応力のガウジングなどの影響を絶えず受けています。エリコンメテコがコンピューターにより独自に新開発した溶接用の鉄系合金は、コストの削減と効率の向上を可能にすると同時に、比類のない耐衝撃性を提供します。

クラックフリーの性能

エリコンメテコの新しい材料ソリューションは、性能を向上させ、GETの耐用年数を延ばすニーズを満たします。タングステンカーバイド(WC)ベースの材料と同様の性能を発揮するように設計されているだけでなく、クラックが少ない、さらにはクラックフリーの性能を達成する点でも優れています。

現場での溶接施工 — 従来のGMAW (MIG)装置を使用

硬岩採掘分野の材料開発のリーダーとして、現場での溶接施工の重要性も理解しています。そのため、従来のGMAW溶接装置を使用して、GET材を適用することができます。

  • 高い耐摩耗性と耐衝撃性により、用途に応じて耐用年数が30%~300%延びます
  • 部品の交換頻度が少ないため、機器の稼働停止時間の短縮、人件費の削減、全体的な保守コストの削減が可能です
  • 掘削効率の向上
  • 硬化肉盛溶接により、GETの形状が維持され、「鈍化」を最小限に抑えられます
  • 効率の向上、交換コストの削減、物流負担の軽減により、採掘時間当たりのコストを削減し、鉱石処理量1トン当たりのコストを低減することができます
  • 容易な適用: 必要な材料は1つだけで、それを標準的なGMAW溶接装置に適用できます

主要なGMAW材料:

  • Metco 8250
  • Metco 8233
  • Metco 8226
  • Metco 8224
  • Metco 8248

主要なPTAレーザー材料

  • Metco 1040A
  • Metco 1030A
  • Metco 1051A
  • Metco 51322
  • Metco 51027

ケーススタディ

米国ネバダ州の金鉱山の油圧ショベルに取り付けられたGETでは、標準的GMAWでMetco 8224が施工されると、未施工のGETと比べて、3~4倍寿命が向上しました。GET自体はクラックの影響を受けやすいため、他の硬化肉盛溶接材料をGETに適用することができませんでした。Metco 8224は、耐摩耗性と耐衝撃性を有する合金で、クラックフリーの性能を実現するために独自に設計されています。

アメリカの金鉱山では、硬化肉盛溶接されていないショベルの歯は、強い衝撃により、1週間しかもちませんでした。Metco 8224で硬化肉盛溶接したところ、耐久性が5週間に延びました。Metco 8224はこの高衝撃用途で性能を継続する提供する唯一の材料です。

インドネシアでの顧客では、バケットの歯をMetco 8224で硬化肉盛溶接した場合、未施工の歯や競合他社の材料の過去の平均値と比較して、1.75~3倍寿命が向上しました。

硬化肉盛溶接された歯は、未施工の歯と比べて1.75~3倍長持ちした
Metco 8224で硬化肉盛溶接された歯が付いたバケットは、競合他社の過去の平均値よりも寿命が向上しました。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up