言語

様々な使用環境において、部品の寿命と性能は、腐食、摩耗、疲労、熱特性など、諸現象の影響を受けます。最適なソリューションを確保するには、目的、ならびに曝露される環境を深く理解する必要があります。

表面あるいは表面を超える課題に対しても、エリコンメテコは経済的なソリューションを提供し、コンポーネントの寿命、パフォーマンス、信頼性を向上させます。ここで説明している機能のソリューションは、エリコンメテコの用途にカスタマイズされた方法がお客様の直面する設計の課題を正常に解決した多数のソリューションのうちの一部です。

材料技術におけるエリコンメテコの専門知識を活用し、表面処理を超える課題を解決します。当社は、幅広い範囲の産業プロセスに対して有効な最適化ソリューションのための材料を開発、提供するために、多数の産業と協力しています。 材料ソリューションを提供するための当社の能力の価値には次のようなものが含まれます。 当社は材料を生成するためにさまざまなプロセスを提供できるため、用途に合った最適なプロセスを選択することが可能 非常に経験豊富なアプリケーションチームが準備万端で、お客様の相談に乗り、ニーズをしっかりと理解 当社の材料研究開発の専門家チームが、お客様のソリューションを開発し、プロトタイプを作成</li> 広範な社内テスト機能、更に幅広い研究所やテスト機関とのパートナーシップ

生体適合性

生体適合性は、生体組織にそのまま受け入れられる、材料や部材の能力です。

もっと読む

接合

2 つ以上のサブアセンブリを接合する方法は多種多様です。ろう付けは産業界で好まれる方法の一つです。ろう付けは、ろう材を使用して金属をつなげる接合方法です。ろう材は、450 °C (840 °F) を上回るが母材金属の融点よりも低い温度 で溶けます。ろう材は一般的に、銀 (Ag)、アルミニウム (Al)、金 (Au)、銅 (Cu)、コバルト (Co) またはニッケル (Ni) の合金です。ろう付けのメリットには以下のようなものがあります。

もっと読む

金属/セラミック射出成型 (MIM/CIM)

MIMとCIMは、大量の小さな部品を作成するには非常にコスト効率の良い製作プロセスです。特に、複雑な形状のものを作成する際に有効です。これらのプロセスは、金属 (MIM) またはセラミック (CIM) の微細な粉末を使用します。まずバインダーと混合、そして固める型に射出し部品が形成されます。成形後のプロセスでは、バインダーを取り除き、部品を高密度化します。これにより、従来製造されていた部品の強度と特性を保持しながら、低いコストで製造できるようになります。

もっと読む

熱間静水圧プレス (HIP)

HIP は、他の手段で製作された部品を高密度化する方法として長く使用されています。しかし、このプロセスはニアネットシェイプの製作にも非常に役立ちます。これは業界では粉末治金熱間静水圧プレス (PM-HIP) として知られています。

もっと読む

原型試作のためのニアネットシェイプ

ニアネットシェイプ技術は高速原型試作にも使用できます。コーティングは、所定の厚さになるまで、オスまたはメスのマンドレルに溶射されます。最後にマンドレルから取り外し、最終加工します。これによって、型の製作やテスト鋳込みに多額の投資をする必要がなくなります。

もっと読む

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up