言語

様々な使用環境において、部品の寿命と性能は、腐食、摩耗、疲労、熱特性など、諸現象の影響を受けます。最適なソリューションを確保するには、目的、ならびに曝露される環境を深く理解する必要があります。

表面あるいは表面を超える課題に対しても、エリコンメテコは経済的なソリューションを提供し、コンポーネントの寿命、パフォーマンス、信頼性を向上させます。ここで説明している機能のソリューションは、エリコンメテコの用途にカスタマイズされた方法がお客様の直面する設計の課題を正常に解決した多数のソリューションのうちの一部です。

エリコンメテコは、あらゆる形態の摩耗について理解しています。当社は、部材やシステムを特定の摩耗リスクから保護するために、適切なコーティングソリューションの使用を推奨します。摩耗とは、アブレシブ摩耗、凝着、キャビテーション、エロージョン、疲労クラックと応力亀裂、フレッティング、衝撃などのトライボシステムを通じて部材から望ましくない材料の排除が行われることです。複数の部材が互いに接触してスライドすると、摩擦によってカジリや過熱が発生し、その部分が摩耗することがあります。腐食環境にあると、摩擦腐食が生じます。相乗効果により、材料の非常に急速な損失、部材の破損、機械の停止につながることがあります。表面処理技術により、効果的に摩擦係数を削減、摩耗を防止し、潤滑を向上させることができます。

2つの部材を互いにスライドさせると、摩擦が生じ、摩滅や過熱によって部材が摩耗することがあります。 摩耗は、アブレージョン、凝着、キャビテーション、エロージョン、疲労、応力亀裂、フレッティングや衝撃等の摩擦機構によって部材表面から材料が取り除か れる現象です。 腐食環境の場合には、腐食摩耗が発生します。 この相乗作用は、材料の喪失、部材の損傷および機械の故障の原因となることがあります。 表面処理技術は、摩擦係数を効果的に下げ、摩耗を防ぎ、潤滑性を向上させることができます。

 

衝撃

衝撃は、強い力で一つの物体が別の物体に突然打ちかかることです。衝撃が繰り返されると、材料が弱くなり、亀裂が生じることがよくあります。

もっと読む

滑り 摩耗

滑り摩耗は、固体の表面の摺動により材料が取り除かれるメカニズムを指す一般用語です。接触エリアの相対的な運動により、材料は一方の部品のみから取り除かれる場合と、両方の部品から取り除かれる場合とがあります。滑り摩耗は、凝着摩耗やアブレシブ摩耗と共に生じることがあります。これは、相対的な表面速度、表面硬度、摩擦の係数により異なります。表面を滑り摩耗耐性でランク付けする一般的な方法は、ブロックオンリングテスト (ASTM G77) です。

もっと読む

フレッティング

フレッティングは、互いに接している 2 つの表面の間にある小振幅の振動および/または小振動により生じる損傷です。この損傷は、長い間気づかれないことがよくあります。長い期間を経て、特に高温の場合、あるいは腐食環境にある場合、この摩擦は部材の疲労亀裂や機能喪失につながることがあります。

もっと読む

凝着

二つの面が互いにこすれ合うと、一方の面の材料がもう一方の面に転移する傾向があります。最も厳しい状況では、凝着摩耗によりカジリが生じ、さらには冷間溶接による焼き付きが生じることがあります。

もっと読む

エロージョン

エロージョンは、固体や液体粒子が部材の表面をたたくことが原因となります。摩耗の程度は、粒子の速度や硬度、および衝撃の角度によってかなり異なります。表面処理を設計する場合には、これらの全ての条件を考慮することが重要です。

もっと読む

キャビテーション

キャビテーション摩耗は、液体にさらされた表面または表面近くで気泡が崩壊することによって発生します。崩壊により、表面に衝撃を与える流体ジェットが噴射され、深刻なハンマー効果が生じます。

もっと読む

アブレシブ摩耗

アブレシブ摩耗は非常に進行が速い摩耗です。アブレシブ摩耗は 2 つの基本的なメカニズムに分類されます。二元アブレシブ摩耗では、硬くて粗い側の表面が柔らかい側の表面にひっかき傷、切り傷、剥離を生じさせます。三元アブレシブ摩耗では、硬い第三の物体が、一方または両方の滑り面に損傷を与えます。通常は、滑り面の間に砂や泥が入り込むことによって生じます。この摩耗は、基材をしっかりとコーティングすることにより、最小限に抑えることができます。

もっと読む

摩擦

摩擦は、互いに接する 2 つの部材表面の間で生じる動きに抵抗する力です。エンジニアシステムでは、摩擦を減らすか増やす必要がある場合がよくあります。適切なコーティングソリューションを採用することは、これらのケースのどちらでも役立ちます。

もっと読む

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up