言語

溶射は表面機能を向上させるための費用対効果の高い方法です。このプロセスは、簡単に言うとまず原料 (一般に粉末状またはワイヤ状) を加熱して溶融または半溶融状態にします。原料は、ガスまたは圧縮空気の流れによって基材面に吹き付けられ、成膜します。これにより、基材面上にコーティングが形成されます。

コーティングの原料は、単一の金属元素で構成されることもありますが、合金、複合材料、セラミック、カーバイド、又はそれらの混合物で構成されることの方が多いです。これにより溶射プロセス特有の物理的特性を持つ皮膜が形成されます。溶射方法には様々な手法があり、それぞれ固有の特徴があります。

エリコンメテコは、あらゆる溶射方法をアクティブにサポートし、表面処理や適用の要件に合うオプションを用意しています。生産量の多寡、部品の形状、環境への配慮あるいは可搬性などの要件です。1933 年以来、エリコンメテコは、溶射を通じてお客様が抱える厳しい課題を解決するコーティングを実現するために技術を開発し、市場を開拓してきました。

ワイヤーフレーム溶射は、防食コーティングや部材の形状修復等に使用されます。金属系のワイヤーは、化学および石油タンクやパイプラインなどの大型鉄鋼製品、化学および石油タンク、橋梁などの海洋系建造物などに使用されます。装置の構成がシンプルであるため、現場での作業から工場における大量生産にいたるまで、幅広く普及しています。

このプロセスの主なメリット
  • 装置への投資コストの低さ
  • 現場でのコーティングを可能にする可搬性
  • 低い燃料ガス消費で高い溶射速度と材料供給速度
代表的用途
  • 大型鉄鋼製品
  • 輸送管
  • 貯蔵タンク
  • 自動車のピストン
  • 損傷を受けた表面の補修
プロセスの説明

ワイヤー状の原料は、燃料ガスと酸素のフレームに連続的に供給され、燃焼熱により溶かされます。一般的に使用される燃料ガスは、プロピレン、プロパン、アセチレンです。圧縮空気は、フレームを取り囲み、ワイヤーの溶けている先端を噴霧化化します。これにより、溶けている粒子が加工対象物の表面に向けて加速します。ワイヤーフレーム溶射は、機械の修理や一般的な耐食性コーティングでよく使用されます。 

プロセスの基本
  • 熱源: 燃焼
  • 原料: ワイヤー (金属)
  • フレーム温度: 約 3 100 °C (5 600 °F)
  • 粒子速度: 最大 200 m/秒 (650 ft/秒)
  • 材料供給速度:15 ~ 1 400 g/分 (2 ~ 185 lb/時間)

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up