言語

溶射は表面機能を向上させるための費用対効果の高い方法です。このプロセスは、簡単に言うとまず原料 (一般に粉末状またはワイヤ状) を加熱して溶融または半溶融状態にします。原料は、ガスまたは圧縮空気の流れによって基材面に吹き付けられ、成膜します。これにより、基材面上にコーティングが形成されます。

コーティングの原料は、単一の金属元素で構成されることもありますが、合金、複合材料、セラミック、カーバイド、又はそれらの混合物で構成されることの方が多いです。これにより溶射プロセス特有の物理的特性を持つ皮膜が形成されます。溶射方法には様々な手法があり、それぞれ固有の特徴があります。

エリコンメテコは、あらゆる溶射方法をアクティブにサポートし、表面処理や適用の要件に合うオプションを用意しています。生産量の多寡、部品の形状、環境への配慮あるいは可搬性などの要件です。1933 年以来、エリコンメテコは、溶射を通じてお客様が抱える厳しい課題を解決するコーティングを実現するために技術を開発し、市場を開拓してきました。

アーク溶射は、現地施工に適した優れた可搬性を備えています。もちろん、工場内作業向けとしても適しています。電縫管の溶接部、ピストンリング、コンデンサ、バリスター、ボイラーパネル、大型インフラストラクチャなどのアプリケーションに適用されていまアーク溶射は、金属合金や純金属のワイヤーを溶かすために、電気と圧縮空気しか必要とせず、非常に高い溶射速度と材料供給速度を実現します。

このプロセスの主なメリット
  • 装置への投資費用を抑制
  • 現場でのコーティングを可能にする優れた可搬性/柔軟性
  • 圧縮空気以外のプロセスガスや冷却媒体は不要
  • 非常に高い溶射速度と材料供給速度
代表的な用途
  • 橋梁デッキ
  • 輸送管
  • コンデンサー / バリスタ―
  • 電縫管の溶接部
  • ボイラーパネル
  • 様々な大型インフラストラクチャー
  • 他の溶射コーティングのためのボンドコート
プロセスの説明

溶射原料として 2 本の金属ワイヤーが必要です。この2 本のワイヤーが反対の極性で通電され、同じ速度でアークガンに供給されます。2本のワイヤーは、溶射ガンを出ると接触点で接触します。ワイヤーの相反する電荷が高熱を生成し、ワイヤーの先端が連続的に溶融されます。 圧縮空気を使用し、溶融された溶射材料を噴霧し、加速して部材の表面に噴射して皮膜を形成します。

プロセスの基本
  • 熱源: アーク
  • 原料: ソリッド金属または複合金属のワイヤー
  • アーク温度: 約 4 000 °C (7 200 °F)
  • 粒子速度: 約 150 m/秒 (500 ft/秒)
  • 材料供給速度:15 ~ 3 300 g/分 (2 ~ 440 lb/時間)

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up