言語

レーザークラッディングは精密溶接肉盛プロセスであり、溶射を補完する技術です。PTA (プラズマ移行性アーク) 溶接の代わりに使われることが増えており、高度な溶接補修や高度な再現可能な用途では TIG (タングステン不活性ガス) など従来の溶接方法よりも優れています。

このプロセスの主なメリット
  • 完全な冶金結合と極めて緻密なコーティング
  • 他の溶接肉盛イ技術と比べ、最低限に抑えられた熱影響領域、および低希釈率(基材とクラッド材間)により、薄い膜厚で機能的なコーティングが可能
  • 急速な凝固速度の結果生じる微細で均質的なミクロ構造で、カーバイドコーティングの耐摩耗性を促進
  • エッジ等の形状にコーティングでき、非常にローカライズされているオーバーレイ沈殿物により加工可能
  • ニアネットシェイプ加工では、仕上げがほとんど不要
  • 溶接プロセスを数値で制御できるため、優れたプロセスの安定性と再現性を確保
代表的な用途
  • 寸法の復元
  • 摩耗と腐食に対する保護
  • レーザーアデティブマニュファクチュアリング
プロセスの説明

レーザークラッディングでは、焦点をぼかしたある程度のスポットサイズのレーザー光を加工対象物に照射し、溶融させます。粉末原料は、不活性ガスによって粉末ノズルを通して溶融プールに供給されます。レーザー光学系と粉末ノズルがワーク表面を高速に移動する場合もあります。部分被覆あるいは高容積の三次元造形処理も行えます。

プロセスの基本
  • 熱源: レーザー
  • 原料: 溶接可能な粉末 (金属、金属合金、カーバイドブレンド)
  • 代表的なレーザーパワー1 ~ 6 kW 
  • 一般的なビルドアップレート0.1 ~ 12 kg/時間 (0.2 ~ 26.5 lb/時間)
  • 代表的なクラッド層の厚さ:0.2 ~ 4 mm (0.008 ~ 0.157 in)

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up