言語

Chassis forming application

乗客の安全性を高めると同時に、排気基準に準拠するために、今後製造する自動車はこれまでよりも頑丈かつ軽量にする必要があります。そのため、新型の自動車はいずれも、高張力鋼の比率が旧型よりも高くなっています。

技術を要する鋼のフォーミング時に高生産性を保証するためには、BALINIT® FORMERA など、特に弾性に富むコーティングソリューションが不可欠です。

  • 他のコーティングよりも最大 680% 効率アップ
  • 優れた耐アブレッシブ摩耗性
  • 優れたコーティング密着性
BALINIT FORMERA
コーティング材 CrAlN-based
コーティング技術 Arc
コーティング色 シルバーライトグレー
コーティング硬さHIT [GPa]* 28 +/-2
低摩擦係数 (ドライ) 対 スチール** 0,35
最高使用温度 [°C]**** 900+
概評 記載されているデータは、概算値です。アプリケーション、環境、試験条件によって異なります。
*コーティング硬さHIT [GPa] ISO 14577 に従いナノインデントで計測多層の場合は、各層の硬度が異なります。
**低摩擦係数 (ドライ) 対 スチール ASTM G99 に従い、鋼球を使用したドライ条件のボールオンディスク試験で判断されます。ならし運転時は、所定の値を超えることがあります。
****最高使用温度 [°C] これらは、フィールド範囲外の概算値です。熱力学的法則により、アプリケーションによって圧力に差があります。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up