言語

BALDIA COMPOSITE DC
BALDIA COMPOSITE DC
BALDIA COMPOSITE DC
BALDIA COMPOSITE DC

最高の部品品質が要求される場合、最高の結果を得るためには、工具の設計と形状、刃先の調整とインターフェースエンジニアリングに加えて、特に工具径と膜厚に厳しい公差を保証する必要があります。

BALDIA® COMPOSITE DCは、カーボンファイバー(CFRP)、グラスファイバー(GFRP)、スタック材、アルミニウム合金(Si > 12%)を加工する際に、厳しい内径公差で常に高い工具性能を発揮し、最高の仕上げ精度を可能にします。

また、BALDIA® COMPOSITE DCを選択することで、品質管理の強化と基材の特別な化学的前処理を行うことができます。

  • 最高の耐摩耗性
  • 金属スタック材(例:アルミニウムやチタン)の工具への付着の減少
  • 最適なプロセス信頼性と完璧な穴品質が可能
  • ドリルの直径公差をオンデマンド調整で100%制御
  • 機械的な前処理を行わないため、非常にシャープな刃先が可能
  • 品質管理の向上による優れた品質

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up