\uf1ad

プレスリリース (05/07/19) エリコンバルザースはメキシコのケレタロに新コーティングセンターを開所、同時に20周年を祝賀。

エリコンバルザースはメキシコのケレタロに新コーティングセンターを開所、同時に20周年を祝賀。 バルザース、リヒテンシュタイン、2019年4月18日 - 4月4日、表面ソリューションのリーディングプロバイダーのエリコンバルザースはメキシコのケレタロに新コーティングセンターを開所しました。同時に開所式では顧客および主賓と共にエリコンバルザースメキシコの20周年を祝いました。この新しいサイトはエリコンバルザースの成長戦略における鍵となる道しるべ、エリコンバルザースはその持続可能な高品質コーティングおよび熱処理に対する自動車産業からの需要の増大に対応していることを表しています。

エリコンバルザースは自動車部品の持続可能な生産を約束する環境に優しいPPDおよびBALITHERM PRIMEFORMテクノロジー をメキシコの自動車産業に今回初めて提供可能になりました。それらはいずれも人間や環境に害があると認識され続けてきた硬質クロムメッキのユニークな代替処理です。エリコンバルザースはケレタロで、自動車産業のOEMやティア1サプライヤーだけでなく、金属加工や樹脂加工産業の金型メーカーにもサービスを提供していきます。

 

ケレタロはエリコンバルザースの顧客に近く理想的な場所のため短納期が可能です。また、高品質のサービスやコンサルティングも提供されます。ケレタロの既存のカスタマーセンターと共に、エリコンバルザースメキシコは表面ソリューションのオールラウンドプロバイダーとして自らを位置づけます。ケレタロの生産開始は米国にある拠点の負荷を減らすと同時に、この新しい拠点は他のラテンアメリカ諸国へサービスを提供するのにも最適な場所です。

PPDテクノロジー - 環境に優しい熱処理
エリコンバルザースによって開発されたPPDは環境に優しくよりコスト効果が高く、有害なクロムメッキ処理に替わる摩耗保護処理であり、従来の窒化処理に比べて性能が向上しています。PPDは耐摩耗性と高度な表面を与えることでフォーミングツールを保護し、要求の厳しい生産や加工環境に理想的です。また、そのプロセスは自動車産業の顧客に、最大重量40トン・最大長10メートルまでの大型のフォーミング金型やプラスチック射出成形金型への新しいサービスを提供します。

BALITHERM PRIMEFORM – 鏡面高性能金型
BALITHERM PRIMEFORM 処理は離型性を高め、プロセス信頼性を最適化し、部品品質の向上に理想的です。表面硬度の向上は射出成型金型をより固くし、ビルトアップ、スパーリングおよびエッジの脆化を低減し、脱膜・再コーティングすることなくリペアと再磨きを可能にすることで、メンテナンスとダウンタイムを著しく削減します。BALITHERM PRIMEFORMは自動車、家具、梱包および医療産業におけるプラスチック射出成形金型に理想的です。

開所式からの視点
エリコンバルザースのトップ、マーク・デラヨーは祝賀スピーチでこう述べました。「私たちはここケレタロへの増資を決定し、有害な硬質クロムに代わる100%環境に優しいソリューションであるPPDテクノロジーを提供することで、サービスを拡大します。私たちのPPDテクノロジーは最高級の革新的ソリューションであり、生産効率を高め、ダウンタイムを削減するだけでなく、顧客の皆様の製品品質を高めます。ケレタロのエリコンバルザースチームは準備が整い、顧客の皆様に最高のソリューションとサービスを提供できることを楽しみにしています」

アメリカ地域の経営幹部であるナサン・オールズは新しい拠点の重要性を強調します。「今日はアメリカ地域のエリコンバルザースにおいて、新しい最新のPPD設備での生産を公式に開始するという特別な偉業を成し遂げた日として記憶されます。この設備はカナダからアルゼンチンまでをカバーするこの地域を通して、私たちの顧客にサービスを提供する26番目のサービスセンターです。私たちはケレタロの主要設備と、北部の顧客にサービスを提供するサルティージョの成長し続ける設備によって、メキシコにおけるエリコンバルザースの存在がより確かなものになることを誇りに思います。」

ケレタロ知事のフランシスコ・ドミンゲス・セルヴィアンは述べました。「ケレタロはこの国で最も競争の激しい地域の入口です。当法人はファシリテーターとして、産業、学界および州政府を巻き込んだ効果的なビジョンを持っています。今日この地でのビジネス開始から20年を迎え、エリコンバルザースは成長するための安定性と平穏の条件を、具体的にはそのユニークなテクノロジーをラテンアメリカ全域に展開するために必要な能力を数多く見つけてきました」

経営者とチームがメキシコのケレタロの新しい施設にて開所と20周年を祝いました。

経営者とチームがメキシコのケレタロの新しい施設にて開所と20周年を祝いました。

The traditional ribbon cutting during the opening ceremony

開所式中の伝統的なリボンカット。ホストは下記の通り。
Philipp Moser, Consulate of Switzerland in Querétaro City; Pietro Buccheri, Head of Sales and Operations, Latin America; Erik Mayoraz, Swiss Ambassador to Mexico; Marc Desrayaud, Head of Oerlikon Balzers; Francisco Domínguez Servién, Governor of Querétaro; Marco Antonio del Prete, Querétaro State Secretary of Sustainable Development; Nathan Olds, Regional Executive, Americas; Alejandro Ochoa, Mayor of Colón; Andreas Reiter, Head of Forming Tools Oerlikon Balzers.

業務管理とオペレーションの従業員がケレタロの新PPDカスタマーセンター工場長のカルロス・ナバーリョを抱き上げる

業務管理とオペレーションの従業員がケレタロの新PPDカスタマーセンター工場長のカルロス・ナバーリョを抱き上げる。

お問い合わせは下記まで:

Worldwide
Alessandra Doëll
Head of Communications, Oerlikon Balzers
T +423 388 7500
alessandra.doell@oerlikon.com
www.oerlikon.com/balzers

Americas
Sergio Lopez
Marketing Communications Americas
T +52 442 209 68 33
sergio.lopez@oerlikon.com
www.oerlikon.com/balzers/mx

概要に戻る

ダウンロード
お問い合わせ