\uf1ad

プレスリリース (10/06/17) エリコン、スウェーデンの表面処理専門会社プリマテリアを買収

2017年10月5日、リヒテンシュタイン、バルザース – エリコンはスウェーデンの表面処理専門会社であるプリマテリアの買収に合意しました。この買収によりエリコンバルザースにおける前/後処理技術は向上し、表面処理のポートフォリオが拡大します。

プリマテリアはマッツ・ラーソンとリカルド・ゲーリンによって2004年に設立され、工具を最適化する前/後処理ソリューション専門会社で、従業員は15名です。この買収はギア加工市場における成長を掲げるエリコンバルザースの戦略を推し進め、顧客へのサービスの質を向上させます。プリマテリアの専門性とサービスを得たことで、エリコンバルザースはスウェーデンでの存在感を高め、より高度なノウハウと幅広い表面処理ソリューションのポートフォリオを全世界の顧客に提供することが可能になりました。まずはスウェーデンにてサービスを提供した後、世界規模に展開します。

買収合意は2017年9月29日に署名されました。買収を通してプリマテリアはサーフェスソリューションズのグローバルマーケットプレーヤーに組み込まれ、特にギア加工市場においてシェアを拡大し全世界に存在感を示すことが可能になりました。ビジネスだけでなく既存工場の全ての日々のオペレーション、顧客及び協力会社との協業はエリコンバルザースとして引き続き従来通り行われます。また買収価格は非公開とすることに双方同意しています。

「プリマテリアはマーケットにおける優れた地位にあり、トライボロジーの専門知識と豊富な経験を基にユニークで革新的な前/後処理ソリューションをスウェーデンの顧客に提供しています。ギア加工マーケットにおける非常に高度に専門化されたサービス会社としてプリマテリアは、北欧エリアにおけるエリコンバルザースの地位をさらに高めていくでしょう。この買収はエリコンバルザースの競争力拡大をグローバルに加速し、わたしたちのサービスソリューションをさらに向上させ、コーティング品質も高めていくことでしょう」エリコンバルザース、インダストリアルソリューションズのトップであるマーク・デラヨーは言います。

エリコンバルザースとサンドビックABは独立してマーケットにアプローチ

この買収に先立ち、エリコンバルザースとサンドビックABは8月に30年近くにわたる合弁事業を解消し双方がスウェーデンおよびフィンランドのマーケットにおいて独立して操業していく友好的な決定をしました。この決定により、エリコンバルザースサンドビックコーティングABは、合弁事業におけるサンドビックの株式(49%)を引き継いだエリコンバルザースに完全に所有されることになりました。スウェーデンおよびフィンランドの切削工具マーケットにおける上記変更は最善の戦略であると決断されました。エリコンバルザースは魅力的な高成長市場であるフォーミングツールと精密部品市場においてその存在感を高めていきます。

更なる情報は下記まで:

林俊一
日本エリコンバルザース株式会社
マーケティングマネージャー
T 0463 54 2136
F 0463 54 2219
info.balzers.jp@oerlikon.com

www.oerlikon.com/balzers/jp

概要に戻る

お問い合わせ