\uf1ad
クロムのように見える新しいレベルのプラスチックno金属化

クロムのように見える新しいレベルのプラスチックno金属化

環境に配慮。
優れた効率性。
成功へと導く。
デザインパーツ向け組み込み PVD

ePDとは?

ePD™という技術的ブランドのもと、エリコンバルザースはプラスチック部品のクロムのように見える金属化のためサービス、装置およびソリューションを総合的に展開します。

ePD™は、デザインパーツ向け組み込みPVDの略語表現であり、環境に配慮した未来志向のコーティング手法を意味しています。プラスチック部品にハイエンド金属表面が必要なときはePD™をお奨めします。現在の化学メッキ技術よりもクリーンな技術です。そのプロセスでは六価クロムなどの有害物を使用することはありません。ePD™低エネルギー消費および特別な廃棄物の回避による環境に配慮したプロセスです。ePD™がコーティングされたパーツは十分リサイクル可能です。

新たなプロセスは「デザインパーツ向け組み込み PVD」と呼ばれます。これは、金属化の効果が2層の UV ラッカーにより挟まれているためです。最初のレイヤーはプライマまたはベースコートで、注入モジュールの樹脂基材による表面の凹凸をならす役割をします。その上の層は直列のPVDです。マグネトロンスパッタリングを真空チャンバ内で使用し、有害なイオンを残さずに高密度のミクロ組織により比例なく安定したコーティングが実現します。金属化コーティングを保護するために、耐久性、安定性、速乾性に優れたUVコーティング(トップコート)が最終工程として処理されます。

 

ePD™ は REACH 準拠

ePD™ により実現する、もっとも重要な改善点は、有害な三価クロム および六価クロム を発生させないことです。結果として、コーティングは製造と廃棄の両方で完全にREACHに準拠しています。コーティングされたパーツは、その他のEUの規則に従ってリサイクル可能です。

お問い合わせ