\uf1ad

コーティング可能な材質 鋼やプラスチック製の材質はほぼ全て、PVD および PACVD 処理によりコーティングまたは金属化が可能

コーティング可能な材質

PVD および PACVD 処理により、原則として全ての材質をコーティングすることが可能です。ただし、コーティング温度 (150 度 ~ 600 度) によって硬度の低下や歪みが生じないよう、それぞれ熱処理を行う必要があります。

容易にコーティング可能な材質はハイス鋼、熱間/冷間工具鋼、ステンレス鋼、熱処理可能鋼、超硬、サーメットなどの金属と肌焼鋼、軸受鋼および窒化鋼などです。

弊社の ePDTM 技術により、ABS、PC/ABS、PC、PC/PBT、PC/PET などのプラスチックや、一部の PA 複合材 (ガラス強化繊維および鉱物強化) も金属化が可能です。その他のプラスチックについてはご相談ください。

条件によってはコーティング可能な材質は、鋳鉄、クロム・ニッケルめっき金属、銅合金およびアルミ合金、セラミックおよびサファイアです。

コーティング不可能な材質は、開気孔のある焼結金属 (真空不対応) です。

お問合せ
Rüdiger Schäfer
プラスチックの金属化 ePD
T: +49 7573 95 14 - 0
F: +49 7573 95 14 - 10
お問合せ
Germany
VCFファイルとしてインポート
お問い合わせ