\uf1ad

BALORA PVD MCrAlYPVDアークテクノロジーを利用した次世代の高密度MCrAlYコーティング

×
Turbine Hot Section
Gas Turbine hot section

ガスタービンの効率性を改善するために、稼働温度を1200度、もしくはそれ以上にあげることが頻繁にあります。高温分野で使用されるコーティングは、熱性腐食や部品の酸化を防ぐために、このような極限状態に耐える必要があります。そうでなければ、システムは故障し、高額な交換費用が発生する可能性があるからです。

通常は、MCrAlYコーティングは溶射や他の技術を使用して成膜されます。エリコンバルザースは実績のある最新のPVDアーク技術を応用し、標準的なMCrAlYコーティングの成膜プロセスをより効率的に、そしてコーティング特性を著しく改良しました。

BALORA™ PVD MCrAlYは、従来の方法で成膜された MCrAlYコーティングと比較して優れた特性があり、母材との密着性に優れ、気孔のない100マイクロメートルの厚みまで成膜可能です。最も重要な点は、高密度と組み合わせたMCrAlYの組成は酸化に対して完璧なバリアを形成するためにカスタマイズすることが可能であることです。

  • 利点

    利点

    特性

    メリット

     

    カスタマーバリュー

    耐酸化性

    高い使用温度

     

    効率性の向上

    高密度

    優れた拡散バリア、拡散プロセスの制御の向上

     

    タービンブレードの信頼性の改善

    表面粗さの低減

    高温でも、空気力学的に滑らかな表面

     

    発電と航空宇宙分野で使用されるタービンブレードの効率性を向上

    母材への優れた密着性

    すべてのタービン素材において、優れた原子結合接着性

     

    保護コーティングによる耐久性と性能

    耐腐食性の改善

    PVDコーティングテクノロジーと組み合わせた、最適なコーティング組成は高稼働温度における早期熱性腐食を防ぐ

     

    タービンブレードの耐用年数を延長し、メンテナンスの回数や頻度を減少

  • 仕様

    仕様

    BALORA PVD MCrAlY
    コーティング材 NiCrAlY (Ni, Ni/Co, Co)
    コーティング構造 Arc
    コーティング色 グレー
    コーティング硬度 HIT[GPa]* 7 - 11
    最高使用温度 [°C]**** 1200
    コーティング温度 [°C] 400 - 500
    標準膜厚(μm) 0.1 to > 100
    概評 記載されているデータは、概算値です。アプリケーション、環境、試験条件によって異なります。
    *コーティング硬度 HIT[GPa] ISO 14577 に従いナノインデントで計測多層の場合は、各層の硬度が異なります。
    ****最高使用温度 [°C] これらは、フィールド範囲外の概算値です。熱力学的法則により、アプリケーションによって圧力に差があります。
  • ダウンロード
  • アプリケーション

    推奨アプリケーション

    部品アプリケーション

    • ガスタービン高温部 ガスタービン高温部 詳細
    • タービンの高温部 タービンの高温部 詳細
お問い合わせ