\uf1ad

BALINIT TISAFLEX難削材を最高レベルでマシニング

×
難削材加工向け BALINIT TISAFLEX
型彫刻エンドミル向け BALINIT TISAFLEX
エンドミル向け BALINIT TISAFLEX
ボールノーズエンドミル向け BALINIT TISAFLEX

チタン、ニッケル合金、ステンレス鋼、そして硬化鋼では、切削工具の性能が極限まで試されます。その結果、これらの材料の使用が増えている業界 - 型製造、航空宇宙、3C 業界 (コンピューター、通信、家電) は新たな課題に直面しています。

エリコンバルザースの

BALINIT® TISAFLEXは、優れた耐酸化性、高い熱安定性、そして優れた耐摩耗性を提供します。ですので、この新しいハイエンドコーティングソリューションは、これら要求の厳しい材料の加工に最適なソリューションです。

  • 利点

    利点

    各レイヤーが最適な機械的特性を備えた、最適化されたレイヤー構造

     

    AlTiN ベースのレイヤーが高い延性を提供; TiSiXN レイヤーがBALINIT® TISAFLEXの硬度、耐酸化性、耐摩耗性を向上

    明瞭な応力プロファイル

     

    クラック発生の減少とチッピングに対する耐性の向上

    BALINIT® TISAFLEXの優れた耐熱性

     

    コーティングされた工具は刃先で発生する高温に耐える

    コーティング構造と特性の、要件に合わせた組み合わせ

     

    凝着磨耗が大幅に減り、工具の寿命が延長

  • 仕様

    仕様

    BALINIT TISAFLEX
    コーティング材 AlTiN / TiSiXN
    コーティング構造 Arc
    コーティング色 ブロンズ
    コーティング硬度 HIT[GPa]* 38 +/-5
    内在応力 [GPa]*** -5 +/-1
    最高使用温度 [°C]**** 1100
    コーティング温度 [°C] < 600
    概評 記載されているデータは、概算値です。アプリケーション、環境、試験条件によって異なります。
    *コーティング硬度 HIT[GPa] ISO 14577 に従いナノインデントで計測多層の場合は、各層の硬度が異なります。
    ***内在応力 [GPa] XRD や ベンディング法 (stoney式) で測定計算後の熱応力は差し引かれています。
    ****最高使用温度 [°C] これらは、フィールド範囲外の概算値です。熱力学的法則により、アプリケーションによって圧力に差があります。
  • ダウンロード
  • パフォーマンス
  • アプリケーション

    推奨アプリケーション

    次のようなオペレーション

    • エンドミルによる仕上げ加工
    • エンドミルによる荒加工
    • インサートを用いた仕上げ加工
    • 穴あけ加工

    付着摩耗の原因となる構成刃先の発生につながる材料

    • ステンレス鋼
    • ニッケル合金
    • チタン合金
    • 硬化鋼

    BALINIT ® TISAFLEX の優れた特性

    野心的な機械加工アプリケーション向けに最高のコーティングソリューション:

    航空宇宙

    BALINIT TISAFLEX - 航空宇宙産業でのマシニング

    3C* 業界

    BALINIT TISAFLEX - 3C 産業でのマシニング
    *3C: コンピューター、通信、家電

    鋳型製造

    BALINIT TISAFLEX - 型製造業でのマシニング
     

    工具アプリケーション

    • 切削加工 切削加工

      エリコンバルザースは切削工具の一歩先の可能性に踏み込みます

      詳細
お問い合わせ