\uf1ad

BALDIA COMPOSITE DC繊維強化プラスチック、スタック材、アルミニウム合金の加工に最高精度の仕上げを実現

×
BALDIA COMPOSITE DC

最高の部品品質が要求される場合、最高の結果を得るためには、工具の設計と形状、刃先の調整とインターフェースエンジニアリングに加えて、特に工具径と膜厚に厳しい公差を保証する必要があります。

BALDIA® COMPOSITE DCは、カーボンファイバー(CFRP)、グラスファイバー(GFRP)、スタック材、アルミニウム合金(Si > 12%)を加工する際に、厳しい内径公差で常に高い工具性能を発揮し、最高の仕上げ精度を可能にします。

また、BALDIA® COMPOSITE DCを選択することで、品質管理の強化と基材の特別な化学的前処理を行うことができます。

  • 利点

    利点

    • 最高の耐摩耗性
    • 金属スタック材(例:アルミニウムやチタン)の工具への付着の減少
    • 最適なプロセス信頼性と完璧な穴品質が可能
    • ドリルの直径公差をオンデマンド調整で100%制御
    • 機械的な前処理を行わないため、非常にシャープな刃先が可能
    • 品質管理の向上による優れた品質
  • 仕様

    仕様

    BALDIA COMPOSITE DC
    コーティング材 カーボンベース(sp3)
    コーティング構造 CVD
    コーティング色 グレー
    コーティング硬度 HIT[GPa]* 80 - 100
    最高使用温度 [°C]**** 600
    コーティング温度 [°C] < 900
    標準膜厚(μm) 4 - 15
    概評 記載されているデータは、概算値です。アプリケーション、環境、試験条件によって異なります。
    *コーティング硬度 HIT[GPa] ISO 14577 に従いナノインデントで計測多層の場合は、各層の硬度が異なります。
    ****最高使用温度 [°C] これらは、フィールド範囲外の概算値です。熱力学的法則により、アプリケーションによって圧力に差があります。
  • パフォーマンス
  • アプリケーション

    推奨アプリケーション

    BALDIA® COMPOSITE DCは、例えば下記の分野において、最適な部品品質と信頼性の要求を満たす穴あけのための理想的なソリューションです。

    • 航空宇宙
    • モータースポーツ
    • 自動車

    工具アプリケーション

    • 切削加工 切削加工

      エリコンバルザースは切削工具の一歩先の可能性に踏み込みます

      詳細
お問い合わせ