言語

BALINIT CNI coated for valve
BALINIT CNI coated for piston ring
BALINIT CNI
BALINIT CNI
BALINIT CNI

BALINIT CNI は、極めて滑らかなスパッタッタリングクロムム窒化物 (CrN) コーティングです。高い靱性と耐酸化性を備えています。また、このコーティングは、最高の膜厚 (最大 50 µm) で成膜できます。エンジンイグゾーストバルブやピストンリングなどの高温潤滑アプリケーション向けに主に使用されます。その平滑性、柔軟性そして耐摩耗性により、BALINIT CNI は紡績繊維誘導部品の硬質クロムめっきの代替手段として優れています。

  • 高温用途向けの耐酸化性
  • 高靱性、膜厚可
  • 紡績繊維摩耗耐性
  • 硬質クロムめっきの代替
BALINIT CNI
コーティング材 CrN
コーティング技術 Sputter
コーティング色 シルバーグレイ
コーティング硬さHIT [GPa]* 18 +/-3
低摩擦係数 (ドライ) 対 スチール** ~0.5
最高使用温度 [°C]**** 700
処理温度 [°C] < 250
概評 記載されているデータは、概算値です。アプリケーション、環境、試験条件によって異なります。
*コーティング硬さHIT [GPa] ISO 14577 に従いナノインデントで計測多層の場合は、各層の硬度が異なります。
**低摩擦係数 (ドライ) 対 スチール ASTM G99 に従い、鋼球を使用したドライ条件のボールオンディスク試験で判断されます。ならし運転時は、所定の値を超えることがあります。
****最高使用温度 [°C] これらは、フィールド範囲外の概算値です。熱力学的法則により、アプリケーションによって圧力に差があります。

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up