言語

2019年6月11日、バルザース、リヒテンシュタイン- 表面ソリューションのリーディングカンパニー、エリコンバルザースは5月28日にエクスバリにひとつめの、翌日にはシェーピングに2つめのカスタマーセンターを新設しました。この2つの新しいカスタマーセンターにより、エリコンバルザースは「お客様のより近くに」という当社のストラテジーを引き続き追求することで、納期と移動距離の短縮、カスタマーサービスの改善、カーボンフットプリントの削減に貢献します。

エリコンバルザースはスウェーデンに2つのカスタマーセンターを竣工

エクスバリの新カスタマーセンター、竣工式でのテープカット。左から、ビル・サリネン(オペレーションマネージャー、ノーディック)、マーティン・バーチ(北ヨーロッパエリア長)マーク・デラヨー(BISビジネスユニット長)ヨナス・リンドバーグ(ノルディック、マネージングディレクター)、ウルフギャング・ジェイ・シュミッツ(バルザースヨーロッパ、リージョナルエグゼクティブ)、ビヨン・リンダル(プロダクションマネージャー)、クリストフ・エッシ(ヘッドオブマーケティング兼カッティングツール プロダクトマネージャー)

エリコンバルザースはスウェーデンに2つのカスタマーセンターを竣工

シェーピング、新カスタマーセンターにて。ウルフギャング・ジェイ・シュミッツ(バルザースヨーロッパ、リージョナルエグエズティブ)はビヨン・リンダル(プロダクションマネージャー)と彼のチームを祝い、スイスのカウベルを贈りました。

エリコンバルザース・スウェーデンの優れた専門知識は、近年、商用車のパワートレインの生産において絶対的なパートナーとしての位置を獲得しました。ビジネスパートナーや顧客の近くにいることは、研究開発における長年の協力体制を強化し、そして産業をけん引するポジションを常に維持するために、その協力体制をさらに次のレベルへ押し上げます。2つの新しいカスタマーセンターはエリコンバルザースの切削工具へのコーティングソリューション領域を拡げ、高品質の前処理・後処理サービスを提供します。

車両製造界では現在、革新的な変化が起きています。そのために、エリコンバルザースと多くのそのビジネスパートナーは生産性・効率性の向上のために、大型車両製造に技術的スタンダードを定めることで、未来像を探し続けています。環境やクライメート・ニュートラル管理の観点から、持続可能性は、各社のストラテジーにおいて非常に重要になってきています。

エクスバリの竣工式でのスピーチで、マーク・デラヨー、ヘッド・オブ・エリコンバルザース・インダストリアル・ソリューションズは、「私たちの戦略『お客様のより近くに』という戦略は、お互いに利益のある関係性へとつながり、私たちが提供するサービスやサポートをより最適化することが可能です。それに加え、見逃せないことは、ほぼ完ぺきなクライメート・ニュートラルプロセスのおかげで、私たちは環境を保護しているという事実です。つまり、スウェーデンの新カスタマーセンターは最先端テクノロジーと環境保全を組み合せた模範となるのです」。

ヨナス・リンドバーグ、エリコンバルザース・スウェーデンのマネージメントディレクターはスピーチで力説しました。「大切なお客さまの近くにいることは、物流面のメリットだけでなく、カーボンニュートラルの実施においても非常に大きく貢献をします。私たちの商品は、もはやトラックで何百キロも運んで届けられる必要はなく、電動フォークリフトによって環境を汚染することなく提供され、二酸化炭素排出量は1日75kgからゼロへ削減されます。私たちは近日中に、すべてのカスタマーセンターに電気自動車に乗るお客様と従業員のために充電ステーションを導入します。そして営業担当者もハイブリッドカーでお客様を訪れることになるでしょう」。

より詳しい情報についてはこちらまでお問い合わせください

Petra Ammann

Petra Ammann

Head of Communications Oerlikon Balzers

Magnus Andersson

Marketing Manager Oerlikon Balzers Nordics

弊社へのお問い合わせやご要望はこちらからお願いします。必要事項をご入力ください。

keyboard_arrow_up